アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「建物」のブログ記事

みんなの「建物」ブログ

タイトル 日 時
国稀酒造と増毛館
国稀酒造と増毛館 旧商家丸一本間家は、元々は雑貨商から呉服、ニシン漁など幅広く商いを行っていたようで、造り酒屋も経営していたようですね。 当時お酒は鰊景気に沸く寒い増毛(ましけ)町には、必要不可欠のものだったんでしょうねぇ・・・ 佐渡島出身の本間家当主だった泰蔵は、佐渡に知り合いの酒屋があってそれを伝手に酒蔵を始めたようですね。 現在は国稀(くにまれ)という名の日本酒をメインに作っているようです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 20:24
酒田市・本間家旧本邸
酒田市・本間家旧本邸 日本一の大地主として名高い本間家。 「本間様には及びもせぬが、せめてなりたやお殿様」と詠われた大富豪。 北海道にも増毛や小樽に鰊御殿と呼ばれる豪邸を建てた本間家がありますが、ここはその本家と言ってもよいお屋敷です。 学芸員のように解説してくれた若い女性が、「本間家の土地だけを歩いて日本海の酒田市から太平洋側にある仙台まで行かれたそうで・・・」なんてお話にはとってもビックリしましたが、当時はそれほどすごかった大地主だったようです。 家訓は「お金が入れば土地を買え」というものだったので、それだけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/27 18:59
鶴岡カトリック教会
鶴岡カトリック教会 五島列島の仲地教会のステンドグラスが素晴らしかったので、教会巡りも楽しみの一つになってきた私です。 で、この日は近くに鶴岡カトリック教会がありましたので、早速見学に行ってきました〜♪ どんなステンドグラスが納まっているのか、ワクワクしながら教会見学をすることに・・・ 聖堂の外観は西ヨーロッパ的なスタイルで、建物の形式は木造瓦葺のバジリカ型と呼ばれる「三廊ロマネスク様式」。 1979年(昭和54年)国指定重要文化財に指定されたようで、結婚式などもできるようでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/24 19:38
鶴岡市・至道博物館
鶴岡市・至道博物館 あ〜〜ん、もう〜!! 一時間半かけて書いた文章が消えてしまいました〜 まったくもう、PCってこれだから嫌なんですよねぇ・・・ もう、ホントに・・・ なんてブツブツ言ってもはじまらないので、またもう一回書くことにします。 と言っても同じ文面にはなりませんねぇ。 なのでちょっと省略させていただいてカキコ致します。 「ふ〜、折角書き終えたところだったのになぁ・・・」 「あぁ〜チカレタビ〜」って感じです 仕方がないので気を取り直して再チャレンジ致します(*^^; ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/22 20:12
根室市立花咲港小学校
根室市立花咲港小学校 強い雨が降っていたこともあり次の目的地「知床半島」へ向かって走っていたら、「ん?教会かな? レストラン??」と感じる洒落た建物がありました。 何だろうここは?と感じてすぐに車を停めて、雨の中近づいてみると「根室市立花咲港小学校」と書かれた看板がありました♪ 市街地の中では唐突なと感じる建物でしたが、まさか小学校とは思いませんでしたねぇ・・・ こんなカワイイ小学校なら私も通ってみたいなぁなんて思うほど、綺麗で素敵な小学校です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/01 18:40
レトロバスと京都市電
レトロバスと京都市電 到着時間が遅かったので、園内をゆっくりと見られませんでしたが、目的は達成できたのであとはのんびりと散策をしていると、広い園内なのでレトロなバスと京都市電に乗って、周遊している観光客も多く、でも足腰が達者なうちは出来る限り歩いて回りたい私♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/04/16 19:36
聖ザビエル天主堂
聖ザビエル天主堂 さてさて話題を明治村に戻すことにして、帝国ホテルの玄関ホールを充分堪能したあとは、聖ザビエル天主堂へ・・・♪ ここのステンドグラスは昔で云うビードロと言ったほうが良いかなぁと感じるもので、現在のステンドグラスとはちょっと違うかなぁと思える異質な感じのするものでした。デザインは、原色を多用した一般人から見たらいわゆるステンドグラスらしいものなのかもしれませんが、インパクトが強烈過ぎて教会にはいいけど住宅には不向きかもしれません。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/14 19:54
フランクロイドライトのデザイン
フランクロイドライトのデザイン ライトのすごいところは建築物の設計だけではなく、椅子やテーブル、また食器などにもすべて自分流の調度品で統一感を出しているので、ここまでやる設計士はそうはいないし、こだわりや意志の強さを感じます。 造形の奥深さもそうですが最後までこだわりを持って、手抜きをせずやり遂げた作品ということなんでしょうねぇ。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/11 18:26
フランクロイドライトの家
フランクロイドライトの家 表玄関の両脇には、栃木県名産の大谷石と赤レンガに、イタリアの透かしテラコッタをふんだんに使った光りの籠柱があり、その造形と緻密さに圧倒されてしまいます。これほどの細かい作業は、職人泣かせ以外なにものでもないし、見事と言うほかありません(*^^*)/ 良く言えばその芸術性の高さであり、悪く言えば超オタク的な部分もありますが、私は前者の芸術性を評価したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/09 19:39
帝国ホテル中央玄関
帝国ホテル中央玄関 この明治村に来たかったのは、私の敬愛する建築家である“フランクロイドライト”の作品を観るためでした。時間がなかったのでその目的を果たす為に、途中を飛ばして帝国ホテルの玄関室へ・・・ 一丁目から5丁目までは結構な距離もあり、まだかまだかと進んでいくと30分ほど歩いたでしょうか、ようやくその全景が見えてきました♪ 「これだよ、これ。これを観たかったんだよなぁ。。。」と心の中で呟く私。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/07 18:58
森鴎外・夏目漱石住宅
森鴎外・夏目漱石住宅 午後1時半に着いたこともあり、時間的に余裕がなかったので足早に園内を周ります。聖ヨハネ教会を見たあとは、“森鴎外・夏目漱石住宅”があったので早速入ってみると、明治20年頃、医学士中島襄吉の新居として建てられたものが空き家になってから、森鴎外が借家として一年間住み、その後夏目漱石が住んだようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/06 19:22
山本有三記念館パートU
山本有三記念館パートU 今日も昨日に引き続き山本有三記念館のトピックなどを・・・♪ 「路傍の石」や「はにかみやのクララ」、「ストウ婦人」や「米・百表」などの作品で知られる山本有三氏ですが、国語研究所を開設したり、参議院に当選して国会運営の一翼を担って文化財保護法などを制定して尽力した文化人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/31 18:51
山本有三記念館
山本有三記念館 三鷹に行ったのは本当はここを見るためでしたが、トピックが一番最後になってしまいました(*^^; ジブリ美術館から徒歩で5分くらいの、玉川上水沿いにある同記念館は、閑静な住宅街の一角にひっそりと佇んでいます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/30 10:37

トップへ | みんなの「建物」ブログ

ステンドグラス屋さんのブログ♪  建物のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる