ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀杏(ぎんなん)拾い♪

<<   作成日時 : 2011/12/06 17:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

そろそろさいたま市内のスーパーとかJAの直売所でギンナンが出てきましたね♪ なので早速お孫ちゃん達を連れて「ギンナン拾い」を近所の寺院境内でしてきました。 メスのイチョウの樹にしかできない「銀杏」 だけど傍にオスのイチョウの木がないと実が付かないんだそうで、私はメスのイチョウの木だけを見つけようとしていましたが、それでは駄目なんですねぇ・・・ メスのイチョウの木は葉の中央が割れているので、それである程度見分けることが出来ます。が、それだけでは銀杏を見つけることはできません。

上を見て実が成っている樹を探すか、それとも下を見て落ちている銀杏を探すのか? まぁ、これ探せればどっちでもいいことなんですけど、皆さんはどちら派なんでしょうか・・・  孫達も生まれて初めての「ギンナン拾い」 なんだか楽しそうに取っていましたねぇ・・・ ほんの15分ほどでもうバケツ一杯取れました♪

画像


ですが、これからが大変なんですよねぇ・・・(*^^; 実の周りに付いているあの強烈な臭いとの格闘です。 まず臭いの元となっている果肉なんでしょうかね、私はそれを荒く素手で取り除きます。 が、アレルギーがある人や皮膚の弱い人だとかぶれるので、そういう方は厚手のビニール手袋を使うといいかも。 臭いも付かないしべたつかないのでそのほうが無難です。

で、それからバケツの中で生クリームを作るときに使う「ホイッパー」でかき混ぜます。 お米のとぎと同じ要領で数回水を流しては「とぎ」を繰り返すと、あの臭いの元はほとんど綺麗に無くなり、銀杏がその形を表してくれます。 で、水を切ってざるに入れ天日干しをして完成〜♪ 

画像


あとは調理するだけなんですけど、私は直火タイプのストーブに「ギンナン焼き器」を乗せ、回しながら煎って香りを楽しむのが好きで、毎晩これを酒の肴にしていただいています♪ 以前築地へ行ったときに買ってきたそれと、銀杏割り器でパシっと音を立てて割りながら、香りと共に味わうのは今の時期しかできません。 それから、あの臭みを簡単に取る方法として、近所の鮨屋の板前さん曰く「畑の土に埋めると実だけになって綺麗になる」そうです。 東北地方なんかだと、土中が零下になるので、翌年でも美味しく食べられると言ってました。

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
銀杏(ぎんなん)拾い♪ ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる