ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 無塩(ぶえん)料理・東吾

<<   作成日時 : 2011/05/17 13:57   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

旅に出ると経費節約のために、レトルト食品はもちろんインスタントラーメンに、近所のスーパーで購入するお惣菜や道の駅で販売されている朝取り野菜など、健康面も考えての軽い食事がほとんどです。 なので家に居る時の食事とは異なり、短時間で簡単にできるものばかり・・・ たまにはキチンとしたお食事をしたくなるので、そういうときは地元の人が行くお店と決めています。 観光客が行くお店というのは小奇麗だけど、値段の割にはたいしたものが出ないし、冷えた天麩羅や冷めた焼き魚は食べたくありません。 地元で人気のあるお店は安くて美味しいので、極力そうすることにしているワタクシです。

画像



で、この日は四万十川を源流から河口まで、197kmだったか全部走破してきたのでちょっとお疲れ気味。 でしたが、こういうときこそ栄養をつけないと・・・ で、四万十市街でお食事をとることに♪ ですが、駐車場を何所にするかが問題でしたが、河口にある川沿いの公園があったのでそこに決定〜! ゆん太君はもちろんお留守番(*^^; ガイドブックなるものをゲットして、市街地で地元の郷土料理を食べられそうなお店を検索。 すると「ぶえん料理・東吾」というお店を発見。 ぶえん料理ってなんなんだろう?と早速行ってみることに・・・

画像


お店に入ると地元民ばかり。 つまり観光客は一人もいなかったので、「あぁ、ここなら落ち着いて美味しいものを安く食べられそうだな・・・」と直感。 で早速カウンターに一人で座り、メニューを見ると「どろめ」(画像上)とか「さごし」と書かれてありました。 聞いたことがない名前だったので、板前さんに「どろめって何ですか?」 「いわしの子ですよ」 「生シラスってことですか?」「あ〜、そうですね」 関東では生シラスでも所変われば「どろめ」なんて名前に変わってしまうんですねぇ・・・

一番上の画像は四万十川の名物料理「手長海老」と四万十川のり(あおさのり) 手長海老は関東地方のそれよりもずっと大きなサイズで、パリットした食感が堪りませんねぇ。 あおさのりは丁度「旬」だったようで、香りが良くてこちらも美味しかったです♪ 「さごしは何の魚なんですか?」「あぁ、それはサワラのことですよ」なんて調子で、すべて地元名なので判らなかっただけの話。 でも同じ魚でも名前が変わるだけで味も異なるように感じてしまう私。 皆さんはどうなんでしょうか??

画像


あぁ、そうそう、先ほどの「ぶえん料理」ですが、これも板前さんに聞くと「昔は冷凍庫がなかったから、塩で締めて保存してましたけど、その塩がいらないほど新鮮な素材っていう意味で、今では高知でも死語になりつつある言葉なんですけどねぇ・・・」 とどのつまりは「無塩」だから「ぶえん」料理っていうことだったんですね。 いい言葉ですよねぇ。 これ死語にするのはもったいないと思いますが、如何でしょうか・・・

生シラス(どろめ)が獲れるんならと「ノレソレ」はありますか?と尋ねたら、「今日は仕入れてないんですよ〜。 今は時期だからいいんですけどねぇ・・・」とのこと。 ちょっと残念でしたねぇ・・・ 因みに「のれそれ」とは、アナゴの稚魚(ちぎょ)のことです。 それから「四万十川名物の蟹で「つがに」と呼ばれる「藻屑蟹」(モクズガニ)を食べたいんですけど・・・」と言うと、「今は時期じゃぁないんで無理なんですよ〜。 秋の10月くらいなら食べられますけどね・・・」との事。 地元でも人気の蟹なんだそうで、結構競争が激しい美味しいものなんでしょうねぇ、きっと♪

画像


下の画像は生牡蠣です。プリっとした歯ごたえに、ピリっとしたモミジオロシは最高でしたねぇ。 ツブも大きくてこれも「ぶえん料理」ならではのものでした〜(*^^*)/ 旅だといつも粗末なものばかり食べているので、たまにはこんな贅沢もないと楽しさも倍増しませんよねぇ・・・ 

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無塩(ぶえん)料理・東吾 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる