ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳴門市・大塚国際美術館

<<   作成日時 : 2011/04/16 18:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

世界の名画をたくさん集めそれを陶板に焼付けたものを展示している美術館。 まぁ一言でいえばそんなところでしょうか・・・ 建設当時は日本最大の美術館でしたが、現在は国立新美術館に次ぐ国内第二位の規模を誇る私立美術館です。 管理運営は大塚製薬でお馴染みの大塚グループなので、「大塚国際美術館」となったようですね。 入館料は大人が一人¥3150と、美術館としては異例の高額料金の施設ですが、世界の名画を見られるからなんでしょうか、次々に訪れる美術愛好家で結構な人だかりがありました。

画像上はB3Fにあったシスティーナホール。 ここのメインホールと言っても良いかもしれませんね。 ミケランジェロの「最後の審判」を再現したもので、全体的にはキリスト教の布教を感じる作品が多いですね・・・ クリスチャン(キリスト教の信徒さん)には嬉しい施設かもしれません。 余談ですが、ここは衆議院の後藤田正純氏と水野真紀さん、また、お嫁さんの出身地ということもあり横綱白鵬の結婚披露宴も行われたんだそうです。

画像


主な展示はB3Fが前述のシスティーナ・ホールにスクロヴェーニ礼拝堂、聖マルタン聖堂壁画、聖ニコラオス・オルファノス聖堂、聖テオドール聖堂、貝殻ヴィーナスの家、鳥占い師の墓、エルグレコの部屋、ポンペイの秘儀の間など B2F が モネの睡蓮にバロック系のレンブラント「夜警」などの他、ルネサンス系のダ・ヴィンチ「モナリザ」など。 B1F は ゴヤの家、バロックや近代系統の展示(ゴッホひまわりなど)で、 1Fは現代系統展示(ピカソ「ゲルニカ」など)で、2Fが現代アート系統の作品を展示していました。

まぁ広すぎて一日では回りきれませんね。 モネの「睡蓮の池」も見たかったんですけど、ゆん太を車に置いてきたので3時間くらいで足早に見て回ってきました♪ 機会があればもう一度ゆっくりと来て見たいと感じる美術館でした♪ ここは駐車場が遠いのがちょっと玉に瑕なんですけど、徳島寄りに海岸線で2台くらい停められる小さな無料スペースがあるので、そこに停めて行くのがいいかもしれません。

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳴門市・大塚国際美術館 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる