ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 不動院と不動温泉

<<   作成日時 : 2010/07/28 20:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

昨日まで京都へ出張していましたが、昨晩工房へ戻って参りました。 盆地だから京都も暑いですねぇ・・・ 夜は多少冷えますが、市街地だとエアコンのコンプレッサーからの熱気で、車の中での宿泊はちょっと厳しく銀閣寺裏手の山中にある北白川の不動温泉での車中泊。 ここは宿泊施設はないので北白川の山を流れる渓流(地蔵谷)の流れを聴きながら、ゆん太君とのお休みタイム。 五月に来た時はゆん太が脱走事件を起こしてしまい、8時間も捜し歩いた苦い経験もしたので、今回はリードを付けながらの山歩きをしてきました。

渓流沿いなので、気化熱による温度差も感じて涼しくて良かったですねぇ・・・♪ 日本古来の「打ち水」もその気化熱を利用した冷却法ですが、流れの強い川と緩やかな川だと温度差が違うように感じます。 これは単純に水温の差ではなく、気化しやすい状況かどうかの違いなんだと思いますが、皆さんはどう感じているのでしょうか・・・

画像上は左京区北白川にある「不動院」 毎年二回「柴燈大護摩・火渡り」が行われるそうで、見ているととても熱そうですが、ご本人はどうなんでしょうかねぇ。 仏の世界ではこういった荒行も修行のうちなんでしょうが、俗世間で生活している人では無理でしょうねぇ・・・ 心の迷いや煩悩を焼き清めてご加護をいただく「火渡り」 一度経験してみたいと思うのは単なる変人なんでしょうか(*^^;

画像


下の画像は隣接している天然ラジウム鉱泉「不動温泉」 温泉は確か17度以上あればそう呼んでもいいとか聞いたことがありますが、鉱泉はそれ以下の沸かし湯と記憶していますが、もし間違えているようでしたらゴメンナサイです。 水は軟水なので湯舟に入って腕をさすると滑らかさが伝わってきます。 温泉と一口に言っても硬水のものもあるし、水道の水はもちろん硬水なので滑らかさは全くありませんよねぇ・・・ 個人的には美人の湯って感じで軟水の温泉は大好きです。

ラジウムは放射性の金属なんですけど、ラドンはそれが気化したもので一部には悪性腫瘍の抑制や血圧降下、通風などにも効果があるそうです。 効能としては放射性のものなので悪いものと考える向きもあるようですが、一般的には薬同様、毒も希釈(薄めること)をすれば「クスリ」になるということか・・・

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不動院と不動温泉 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる