ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 国稀酒造と増毛館

<<   作成日時 : 2010/01/13 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

旧商家丸一本間家は、元々は雑貨商から呉服、ニシン漁など幅広く商いを行っていたようで、造り酒屋も経営していたようですね。 当時お酒は鰊景気に沸く寒い増毛(ましけ)町には、必要不可欠のものだったんでしょうねぇ・・・ 佐渡島出身の本間家当主だった泰蔵は、佐渡に知り合いの酒屋があってそれを伝手に酒蔵を始めたようですね。 現在は国稀(くにまれ)という名の日本酒をメインに作っているようです♪

この国稀酒造、創業は明治35年で現在地に地元産の軟石を使った酒蔵を建設し、後に合名会社となり「丸一本間合名会社酒造部」として営業。 その後平成13年に国稀酒造株式会社と社名を改めたそうで、初代泰蔵が乃木将軍に会い、その人格に惚れ込んで当初「国の誉」という名の酒を、乃木希典(のぎまれすけ)陸軍大将の名前から一文字拝借して、「国稀」にしたんだそうです。 文字に「禾」(のぎへん)が入っているのは、そのままだと恐れ多くて使えなかった為と伝えられています。

画像上はその国稀の仕込み水として利用されている暑寒別山の雪解け水。 地下水なので井戸で汲み上げて日本酒の仕込み水として使われていました。 飲んでみましたがクセもなく冷たくて美味しかったですぅ〜(*^^*)/ 因みに愛犬のゆん太君もガブガブ飲んでましたねぇ・・・♪

画像


画像中はその隣にあった米倉ギャラリーです。 中はウナギの寝床のように長くて、酒蔵はもちろん売店、試飲コーナーもあり、「ちょっと試飲したいんですが・・・」「お車ですか?」と聞かれ 「はい、そうです」と答えると「じゃぁ無理ですね」と言われ、ちょっと残念でしたねぇ・・・ ちょっとくらいならいいのになんて思いましたが、やはり飲酒運転になってしまうので、諦めざるを得ませんでした(*^^;

下の画像は増毛館。 現在はYH(ユースホステル)として利用されているようです。 大谷石?のような石壁作りのレトロな建物で、文明開化の明治時代や大正浪漫を感じさせてくれるものでした♪

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国稀酒造と増毛館 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる