ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 鑑真和尚の開山御廟

<<   作成日時 : 2009/12/26 19:32   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

唐招提寺には見どころがたくさんありますが、今日はその奥にあった鑑真の御廟(ごびょう)をご紹介したいと思います♪ 当時労役や税を免除される僧侶になりたがる者を正すには「世の中の戒律(かいりつ)をキチンとすること」という聖武天皇の計らいで、授戒伝律の高僧を招くことになり日本へ渡ってきてくれた「鑑真」 授戒は戒律を守れる者だけが「僧侶」として認められるもので、754年東大寺に戒壇を築き、同年4月に聖武天皇をはじめ430人に授戒を行ない、これが日本最初の戒壇になったそうで、日本仏教の始祖といっても過言ではなかった大事業といえるものだったでしょうね・・・

唐招提寺金堂を抜け右手に曲がっていくと、校倉造りの宝蔵がありそれを抜けていくと「鑑真和尚」の廟(びょう)がありました。 土壁にあたる陽射しは風でゆらゆらと動き、静止画像(写真)ではその良さを伝えることができませんが、何ともいえぬ趣があってとても落ち着く空間(画像中)でしたねぇ・・・

画像


一番上の画像は、その御廟に行く途中にあった「苔の絨毯」 普段苔(こけ)って見過ごしてしまうようなものかもしれませんが、ここの苔は管理が行き届いているんでしょうね、まぁ見事なモデルさんだなと感じるほど美しい苔でしたねぇ・・・ なので思わず撮影してきたんですけど、画像左にある二葉の小さな若芽、あれは杉の赤ちゃんかな?なんて感じましたけどとても可愛い樹でしたねぇ〜♪

画像下は鑑真和尚の墓所。 廟は本来霊を祀るところなんですけど、最近ではいわゆる墓も廟と呼ばれることも少なくないようですね。 高僧と呼ばれる鑑真の廟は意外にも小さくて質素なものでしたが、それもお弟子さん達に贅を尽くす必要はないといった「高宗な考え」だったものなんでしょうか・・・♪

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鑑真和尚の開山御廟 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる