ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 木彫り工芸の店・仁吉(にきち)

<<   作成日時 : 2009/03/22 13:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

東京国際マラソン、ケニアのキプサング選手の優勝で幕を閉じましたねぇ・・・ 日本の前田選手も頑張りましたが、残念ながら2位になりましたけど、あの強風の中本当にお疲れ様でした♪ 日本国内初の賞金レースで、優勝賞金は副賞を含めると¥1100万なんだそうですが、これプロ野球やサッカー、またゴルフなどと比較してみるとそんな高い物ではないように感じますけど、皆さんはどんなご意見をお持ちなんでしょうかねぇ・・・ 純粋に、直向きにそれにチャレンジしてるわけだから、個人的には優勝者だけではなく、30位くらいまではあってもおかしくないと思います

さて、本題に入ることにします。 スコトン岬に置いていた車に戻り次の目的地である西上泊を目指します♪ 船泊湾の浜中を右折して、4kmほど進み坂道を下りていくと澄海岬の西上泊漁港に到着〜。 で、早速ゆん太とお散歩を開始。 ここはスコトン岬のようないわゆる有名な観光地ではないようで、あまり観光客のいない比較的静かなスポット。 でも何台かは観光バスも来ていましたが、スコトンに比べれば落ち着いて散策できました。

画像


そんな中、「アトリエ仁吉」(にきち)という看板を発見。 何か作ってる所なのかなと早速お店(0163-87-3903)を拝見とすることに・・・ 作品のデザインは現代アート風のものが多く、こんな離島にもアートを追求している人がいるんだなぁと敬服。 で、お店の人に少し話しを聞いてみることにした私です。 「いい作品ですね」「ありがとうございます」 「観光客相手だと値段の安いものも作らなくちゃならないですもんねぇ・・・」「そうなんですよ〜、だから結構大変なんです〜」 「軽井沢にでも行こうかなんて考えてるんですけど・・・」「え? 軽井沢ですか? 私は4年ほど軽井沢にお店だしてたんですけど・・・」なんて会話をひとしきりしたあとに、同じ工芸家として共通の悩みなんかもあって、観光客を対象とした商売の難しさを再認識。

画像


ここを主宰しているのは吉田さんという方で、スタッフには若い女性もいて、作品自体は結構いいものを作っています。 音威子府で見た砂澤ビッキのものにくらべて、こ洒落た感じのものも多く個人的には好きな部類の作品が多かったですねぇ 東京なんかで個展とか開けばそれなりのお客さんも付くんでしょうけど、礼文島の西上泊では、なかなか商売として伸ばすのは難しい部分もあるようでした。

工房は小樽(0134-62-3122)にあるようで、注文があれば全国発送もしてくれるようでした。礼文島澄海岬にあるショップは、冬の間は雪で閉鎖してると思いますが、それ以外は小樽の工房で制作してるんでしょうねぇ、きっと♪ HPはまだ出来ていないようで「今制作中なんですよ〜」との事でした

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
木彫り工芸の店・仁吉(にきち) ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる