ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 青い鳥の愛

<<   作成日時 : 2008/12/24 19:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

二年ほど前の作品なんですが、施主の方から「育児休暇が取れましたので、もう撮影していただいても結構です」とのメールをいただきました。 普段は本当に忙しい方のようでなかなか撮影できなかったんですけど、二年越しでようやく撮影することができました♪ 場所は茨城県のつくば市。 三階の屋上に上がる階段室に納めた作品です。 施主のKさんは、いろんな工房を見て回りデザインやその効果、また価格や品質などを総合的に判断してウチの工房を選んでくれた方なんですけど、安さを売りにしている工房が多い中で、トータルで評価してくれた数少ない「本物のステンドグラス」が解るお客様でした。

メールでのやり取りも40通ぐらいはあったでしょうか、途中かなり悩んでいましたが最終的には5軒ほど「合い見積もり」をして、値段の最も高かった私の工房へ発注してくれたのは、美意識の高さとこだわりの強さを評価していただけたものと感謝しております。 キャセドラルでも色の投影を楽しめると言った工房もあったようですが、宙吹きのアンティークグラスのそれと比較すれば、素人の人でも一目瞭然の話。 最後まで私の話を信用していただき制作意欲の沸くお仕事になりました♪

画像上はそのK邸階段室のパネル。 デザインはチルチルとミチルで名高い「青い鳥」 新婚さんでしたので、「青い鳥をシャープにして、クチバシが繋がっていたほうがいいかも」など細かい要望もあり、その作品に対する愛情も感じて制作を担当させていただきましたが、今日のお話で「満足しています」と言って頂いたことには、感謝以外の言葉はありません。 Kさん本当にありがとうございます。

使用グラスはドイツやフランスの宙吹きグラスをメインに使用しているので、「太陽光が当ると壁や床にその色が投影してとても綺麗です」とおっしゃっていました。 いつもこのブログで書いていることですが、アンティークグラスに勝るガラスはありません。 が、ガラス代は安いキャセドラルに比べて金赤などでは仕入れ値で15倍くらいする高価なもので、しかも、ガラス板自体が厚い部分や薄い所があったり、クニャクニャ曲がっているので、ガラスカットも難しく技術の低い工房では思い通りには切れません。 でも、その効果を二年暮らしてアンティークグラスの美しさを理解していただけたことで、充分満足した私でした

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
青い鳥の愛 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる