ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日高・二風谷のアイヌ木彫り

<<   作成日時 : 2008/08/18 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

旅初日は気分のよろしくない出来事もありましたが、フェリーで一泊したこともあって翌朝は気分も上々♪ ですが、お天気は曇っていて今ひとつって感じ。 二日目の午前10時ころにようやく北海道の大地に降り立つことができて、「あぁ〜、遠かったけどやっと北海道に来られたなぁ〜」と実感。 で、早速ゆん太君をお散歩させていざ美瑛へ・・・のはずでしたが、この私が目的地まで直行するなんてありえない話。 途中アイヌコタンらしき二風谷(にぶたに)で工芸品を制作販売している工房を発見。 もちろん、見てきましたよ〜。 私がこの手の工房を素通りするなんてことも Blue Rose (ありえない)事なので・・・

ここは、高野繁廣さん(画像中上)が主宰しているアトリエ(沙流群平取町二風谷・TEL01457-2-3397)で、北海道産の銘木を使って伝統的なアイヌ文様の木彫り作品を作っていました。 一番上の画像は、メノコイタ(女の盆)と呼ばれるまな板とお盆を兼ねた生活用具。 右側で切って、梟の顔のところに盛り付けるんだそうで、パンやチーズ、ケーキや和菓子なんかにも使いでがありそうですね。 織物をしている奥様とご主人が親切丁寧に説明してくれたので、何か購入しないと悪いなぁと思いこの「メノコイタ」(たしか¥8000くらい)を一つ買ってきました♪ 材料は地元でいうネシコ(くるみ)の木。 モチーフはコタンコロカムイ(シマフクロウ)で、高野さんオリジナルのデザインだそうです

画像


画像中下は、そのショップ兼アトリエの店内。 アイヌのモレウと呼ぶ川の流れ?をイメージしたものや、魔除けの意味のある伝統的なデザインで絵皿としても利用できるお盆や、エムシ?でいいんでしょうか、木彫りの鞘(さや)に収まった刀などオリジナルグッズがたくさんあり、説明を伺いながら見ていると楽しくなってきます♪ こういった刀なんかはお祭りや儀式などにも使われてたのかもしれませんねぇ、きっと♪

画像


下の画像はタシロと呼ばれる山刀。 鞘(さや)の材はネシコでこれもモチーフはコタンコロカムイでしょうか。 目の部分にはターコイズ(トルコ石)を使っていて、ワンポイントのアクセントになっていました。 柄は蝦夷鹿の角なんですかね、これは。 オリジナリティーがあってちょっとこれも欲しかったんだけど。。 でも、まぁ、次回行った時にでも買おうかなぁなんて・・・ また、これ以外にもマキリ(小刀)やカパラミプ(着物)やニマ(椀)やイタと呼ばれるお盆などなど、アイヌ独特の民芸品がいろいろあって結構刺激的で面白かったですぅ〜♪

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
富良野と美瑛
今年のゴールデンウィークに飯山市で知り合った「元さん」と、美瑛の駅の側にある道の駅で夜に待ち合わせしていたこともあり、いつまでもアイヌ文化に浸っては入られなかった私。 本当はもっとたくさん見ていたかったけれど、二風谷から美瑛までだと距離にして100kmは楽にあるので、仕方なくゆん太共々出発をすることに・・・ 地図だけ見てると結構近いかなぁなんて思うけど、北海道って結構広いんです。 だから、地図で判断すると大間違いですね、ここは。。。 ...続きを見る
ステンドグラス屋さんのブログ♪
2008/08/25 20:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日高・二風谷のアイヌ木彫り ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる