ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 鼠短檠

<<   作成日時 : 2008/06/21 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

小布施町には、北斎館や現代中国美術館、小布施ミュージアムに高井鴻山記念館など、いろんな文化施設があって単なる観光だけではなく、美意識の向上にも役立つ施設がたくさんあります。 そんな中、一つくらいは観たいなぁと感じて、愛犬のゆん太君を助手席に残して、竹風堂さんの中庭にあった「日本のあかり博物館」を観てまいりました♪ これ、今回の旅でようやく行けた初めての文化施設です・・・ でも、ゆん太のギャオ〜〜ン攻撃がいつ始るか、気が気じぁなかったけど一軒くらいは美術に触れたかったので、強行突破って感じ

この「日本あかりの博物館」、焚き火が事の始りで時代の流れに合わせて、植物油、蝋燭、石油やガスなどの燃料の違いによる変化を知ることが出来ます。 この中でも特に印象深かったのが上の画像の“鼠短檠(ねずみたんけい)” これ、台の一番上に乗っている鼠(ねずみ)の形をした受け皿の菜種油が燃焼して減ると、空気圧で鼠(ネズミ)の口から油が滴り、自動的に補給するという仕掛けになっている大変優れたランプ。 自動補給による連続燃焼時間は30時間なんだそうで、「う〜〜ん、これは、スバラシイ〜〜!」と思わず絶賛。 道理はサイフォンコーヒーと同じもののようですが、考えた人はと〜〜っても頭の良い人ですね。 超がつくほど感動しました!

現存するものは極めて少なく、国立京都博物館に数点あるだけなんだそうですが、大変興味深い優れものだったので、帰る前に館内にあったショップの店員さんに尋ねると、「欲しいと言う方は結構多いんですよ・・・」との事。 ちなみに私が作った現代版として復活させた作品をご覧になりたい方はこちらでどうぞ。

画像


画像中は和菓子工房の傘風舎。犬のお散歩中だったのでよく見ていなかった私なので、もし間違えているようでしたらゴメンナサイです〜。 下の画像は小布施の町並み。 小京都みたくてとってもいい感じの町でした〜

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鼠短檠 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる