ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 木島平村の水車小屋と灯篭

<<   作成日時 : 2008/05/29 18:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

飯山市の菜の花祭りを楽しんだあとは、寺尾聡が主演した映画「阿弥陀堂だより」の里へ・・・ まだ早朝だったので愛犬の「ゆん太」君のお散歩も兼ねて、坂道を登っていくと途中に風情のある水車小屋がありました。 雪代が入る小さな流れでしたが、結構水流も強くて水車が勢いよく回っています。 蕎麦の実でも挽いているのでしょうか、昔の「人間の知恵」ってすごいですよねぇ・・・ 人力では大変だけどそれを水の流れを利用して動かせば、二酸化炭素も出ないし、オゾン層も壊さないし、料理の手間も省けるわけだから一石何丁です。

以前テレビだったと思うんですけど、水車を利用したジャガイモの皮むきをしている村人を取材した番組があって、水車にそれを放り込むとほんの数分でジャガイモの皮が綺麗に剥けるんですよね。 私はこの番組を見ていて魚を取ったり、お米をついたり、蕎麦などの粉をひいたり、ジャガイモの皮を剥いたりと、水車はその地方独特の利用法があって、本当に優れた知恵の結晶なんだなぁって思います。 で、こういった「優れ物」の代替品として、現代では家庭で使えるミルやピーラーなどの調理道具が普及してきたわけだけど、村人間の会話を無くしてしまった商品だと言わざるを得ません。

水車を囲んでの料理の下拵えって、人と人の信頼を深める“コミュニティーセンター”だと思うし、それが人間の生活にとって最も重要なことなのではないでしょうか。。。 都会では隣家と隣室のことはよく知らないという人も多く、挨拶程度で済ませてしまう人も多いようですが、会話をたくさんすれば誤解も解けるわけだし、こういった「知恵の結晶」が無くなってきてしまったのはとても残念なことです・・・

画像


家庭の中ですべて事を済ますことが出来るのは、時間の有効利用にもなるわけだけど、アナログからデジタルへの移行が進めば進むほど、人と人との「口での会話」が無くなってくるんでしょうねぇ。 金儲けなどの利益ばかり追求していると、人として生きることができなくなって、「本末転倒」にならなければいいんですけどねぇ・・・(*~~;

画像下は木で出来た「灯篭」です。 電気の灯りもいいけどほんのり明るい灯火も味があっていいのになぁ。。。

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
木島平村の水車小屋と灯篭 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる