ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS F1・日本GP

<<   作成日時 : 2007/09/30 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

30年振りの日本グランプリ開催されましたねぇ。。。 いつもはあまり見ないTVに釘付けでした(*~~; マクラーレンのハミルトンさすがに速かったですねぇ・・・ 昨季の年間王者のアロンソも途中リタイアで、このままだと史上最年少王者が誕生しそうです。 本当は富士スピードウェイに行きたかったけど、なんだかアクセス制限があったり通行止めがあったりしてたようなので、TV観戦が正解だったようです。 

画像


トヨタ系列の富士スピードウェイと鈴鹿サーキットでの隔年開催になるみたいだけど、来年は時間が取れれば鈴鹿までいってみようかなぁって思っています♪ 以前ホンダのターボエンジンが強すぎて、例のごとく白人がルール改正したおかげで、ホンダが撤退してからはあまり見てなかったF1ですが、日本人ドライバーの佐藤琢磨(下の画像)に佐近も出てるし、メーカーではホンダもトヨタも参加しているので、是非とも見たかったF1です。

画像


画像

            ↑炎を燃やしながらピットアウトする琢磨

初めはペースカーでの先導で10週ちょっと走ってからは、黄色のランプが消えてからはF1特有の爆音と共にスタート! やっぱりこれじゃないとF1じゃぁありません。 天気が生憎の雨だったので、どのチームもタイヤをウェットにして悩んでいたようですが、やはりスリップが多く世界有数の名ドライバーでも苦労していて、ダウンフォース(空気抵抗で車体を下げること)もあまり効かなかったようですね。

画像


余談ですが、私はこのダウンフォースをガラスカットにも応用した切り方をしているんですけど、どんなきついカーブでも切ることができる優れたカット方法なんですよね。 今流行りのダイアモンドを使用したバンドソーなんかは、全く必要ありません。

ちょっと話が横道にそれてしまいましたが、本題に戻ります。カーレースの最高峰とも言われているF1(フォーミュラ)は、タイヤとドライバーがむき出しになっているという国際規格のもとに設計されている車のことで、その下のランクにはGP2やF3などがあります。 だからこのレースに出られるのって本当にすごいことで、車ファンにはたまらない魅力のあるレースです。

画像


加速力のある車(F1)には、Gと言って重力加速度がかかります。例えば「6G」といえば実際の重量の6倍の力が加わるので、強靭な体力がないとそれに対応することはできません。もちろん戦闘機のパイロットにもそれが言えますが、一般の人だと2Gでも無理かもしれませんねぇ・・・ なので、普通の人では運転することは不可能な車なんですよね・・・

若い時はアメリカのカンナムシリーズやインディー500、またプロトタイプのレースなどもたくさん見ていました。 昔アメリカのテキサスの油田王でチャパラルという社長がいたんですけど、その人が作ったその名もチャパラルって車があり、後に当時は画期的だった空気力学を取り込んだスポイラー(ウイング)が付いてて、すっごいカッコイイ車があったんですけど、ご存知の方あまりいませんよね?? 
ちょっと話が古過ぎかも・・・(*~~; 

画像


まぁ、来年は実際に観に行って生の迫力をお伝えできればと思っています♪
拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F1・日本GP ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる