ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 縄文時代の竪穴式住居

<<   作成日時 : 2007/07/07 18:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

風土記の丘には、古代の家屋を再生した竪穴式住居が幾つかあり、昔の生活ぶりを垣間見ることができます。縄文初期から後期の住居に弥生時代のものまで再現されていて、茨城県内では、今から1万年以上も前の旧石器・縄文時代から弥生時代にいたる数多くの遺跡が発見されているんだそうです。 また、その後4〜6世紀の古墳時代の遺跡として,茨城県では最大規模の「舟塚山古墳」をはじめ、「府中愛宕山古墳」、「要害山一号墳」など数多くの古墳が見られ、古代豪族がこの地に群雄割拠していたようでした。

画像


写真中は、縄文初期の竪穴式住居での生活ぶりをイメージしたもので、入り口をくぐったら人(人形)がいたのでちょっとビックリ(*~~; 縄文時代って土器や石器を使い畑で作物やお米なども栽培していたようで、日本人古来の姿でもある農耕民族を表現していて、結構リアルで怖かったです〜(*~~; 縄文と言えばもう亡くなってしまいましたが、私の大好きな姫神が“神々の詩”を縄文語で「アパナガマ〜ポ〜」と歌っていましたが、顔の骨格から判断した想像言語なんですけど、「私の名前はマポです」という意味だと解説していましたが、本当のところはどうなんでしょうか・・・

下の写真は、縄文後期の竪穴式住居で、部屋も大きくなっていて、また、煙の排出などの面でより工夫が施されていて、少しずつ進化していることが覗えました

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
縄文時代の竪穴式住居 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる