ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 西福寺・開山堂の「道元禅師猛虎調伏の図」

<<   作成日時 : 2006/10/02 19:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

十日町のトリエンナーレを早々に引き上げて、お目当ての世界一の花火“4尺玉”を打ち上げる「片貝まつり」へ向かいます。が、、、暗雲が急に立ち込めてきたと思ったら、バケツの水をひっくり返すほどの豪雨(*~~; 「あぁ、こんな天気じゃぁいい写真撮れないなぁ・・・でも、片貝の花火師さんは世界一の技術を誇るだけあって、どんな雨でも打ち上げますというプロ中のプロだから、まぁ中止にはならないだろうなぁ」と思っていましたが、ちょっと心配になって現地へ向かうと少しだけ小降りになってきて、実行委員のような人に尋ねてみると「予定通りです!」と平然と言ってのけてたからちょっと安心。。。

午後7時くらいから予定通り花火が始まったけど、途中から雨は降ってくるし風下だったので煙がすごくて花火を綺麗に見ることができず、最後の4尺玉もあまり良く判らなかったのでちょっとがっくし・・・ なので世界一の4尺玉の写真はありません(*~~; 悔しいから来年再チャレンジすることを心に誓って宿をとっていた長岡市へ。。。

画像


翌日は、雨も止み浦佐にある開山堂へ・・・ 以前二度ほどきたことがありますが、その素晴らしい彫刻を見たいなぁと思って、またまた来てしまいました♪

ここは、日光の東照宮にある左甚五郎の“眠り猫”に匹敵するほどの見事な作品を見られます。 作者の石川雲蝶は江戸末期から明治時代にかけて越後で活躍した名匠で、「道元禅師猛虎調伏の図」はその蝶雲が十数年もかけて完成させた超大作なんですよねぇ。。。
モチーフはこの寺の開祖である道元禅師で、その透かし彫りの繊細さと鮮やかな極彩色は、越後の日光とまで呼ばれているんだそうです。

画像


私もいつかこんな超大作を作ってみたいけど、そんなオーダーをしてくれる奇特な方、日本のどこかにいらっしゃいませんかねぇ・・・(*~~;

下の写真は廊下に空いた穴を、いろんなモチーフに変えて埋めた「埋め木細工」。葉や瓢箪などになっていて、やはりこれも遊び心を感じさせてくれる美意識の高さを感じます♪

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ(*^^*)/

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西福寺・開山堂の「道元禅師猛虎調伏の図」 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる