ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形県・上杉神社の桜まつり

<<   作成日時 : 2006/05/08 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

新潟の越後湯沢をあとにして、まだあまり行ったことがない東北地方を目指し、関越から日本海東北道に入り山形県へ・・・♪ 目的地の米沢に入ると桜が満開でやっぱり東北地方って寒いんだなぁと実感。上杉祭りが昨日まで行われていたそうで、一日早ければそれを観ることができたのでちょっと残念(*^^;

とりあえず、当日の宿泊先を決めて町中を散策することに。まずは近場の上杉神社へ・・・♪
ここは、もちろん川中島の合戦で武田信玄と壮烈な戦をした“上杉謙信公”と鷹山(ようざん)公を祭神としているのは言うまでもありませんが、私が行ったときは桜が満開で松が岬公園と共に目の保養をしてまいりした♪

当日はお天気も良く山形県なのに汗ばむほどのいい天気。やっぱり盆地だからお天気がいいと気温が上がりやすくなるんでしょうねぇ・・・ちなみに日本の最高気温(47度位)を出したのも確か山形県の町だったように記憶しています。

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ(*^^*)/

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
上杉神社は私の大好きな所です。
10年程前偶々主人と出掛けて、ひたすら感動。
鷹山公をもっともっと知りたい!と思い、
童門冬二さんの「上杉鷹山」上、下2巻を夢中で読み耽りました。
以来、童門さんに傾倒して次々読み、果ては
講演まで聴きに行くチャンスもあって、ご本人にお逢いする事も出来ました。

お堀で無心に泳ぐ美しい鯉が眼に焼きついていたのですが、その情景を童門冬二さんの文才は
ただならぬ出来事として進めて行く事から確か始ったように記憶しています。

兎に角お薦め致します。「上杉鷹山」を是非、お読みになって下さいませ。

「幸せの火種」を多くの方々に差し上げて行く気運を自覚し、実践につなげたいものです。




madam蝶々
2006/05/08 23:56
鷹山公と童門さんの大ファンのようですね♪
童門さんの本はまだ読んでいませんが、一度読んでみたくなりました。
鷹山公(ようざんこう)は、J・F・ケネディー大統領が日本人で尊敬できる人と発言したことで、日本でも再認識された人物として有名になってきましたが、それでもまだ知らない方も多く、その考え方や行動力は他に類を見ないほど大変素晴らしいものだと思っています。今の日本の政治家にその“つめの垢”を飲ませてあげたいと感じてしまいますよねぇ。。。(*^^;
nancy
2006/05/09 18:39
 新渡戸稲造、内村鑑三等の著書からジョンF.ケネデイは上杉鷹山を尊敬すべき日本人として挙げられたとされていますが、野蛮と蔑まれていた時代に先鞭を付けて下さった真の国際人のご苦労に対し私達は感謝の心を送りたいものです。
そして現代の世相を嘆くのではなく一人ひとりが自分のささやかな責任、使命果たして、周囲を平和にしていけたらと思います。
 先人達の偉業に感謝で応えて行きたいものです。
madam蝶々
2006/05/10 10:41
先人の偉業に感謝しつつ、戦争を必要悪とみる人もいますが、平和ボケといわれて久しい昨今ですが、人間同士で考え(宗教的なものも含めて)の違いから人殺しをするより、いわゆる“平和”を目指していく事が良いのかもしれませんね♪
nancy
2006/05/10 18:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
山形県・上杉神社の桜まつり ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる