テーマ:音楽

島津亜矢・人生劇場

一昨日の授業中にある生徒さんからこれかけてください、と言われ聴いたCD。 「誰が歌っているのか分かります?」 若い時はDJ志望だった私は「聴けば判ると思います」とは言ったものの、結局判らず終い・・・(*^^; 名前だけは聞いたことありましたけどねぇ・・・ で、「誰が歌っているんですか?」 「ヒントは演歌歌手・・・」 なのにロック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲド戦記・テルーの歌(手嶌葵)

先週の金曜日でしたかねぇ・・・ ジブリのゲド戦記テレビで放映されていました。 かすれ声の手嶌葵さんのボーカルで「テルーの歌」いい曲でしたね。 旋律はそれほど綺麗とは思いませんが、心にしみるいい歌だと思います。 ちょっとハマッテます・・・ 今日はブログお休みしようかと思っていましたが、良い曲なのでお聴きくださいませ♪ それか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の楽器・二胡(にこ)

今日は中国の楽器で二胡を習っている生徒さんが、その「二胡」を持ってきてくれました。 バイオリンと同じ弦楽器なので「松脂(まつやに)を塗るんですよね・・・」「そうですね」 やっぱりヴァイオリンと同じなんだなぁって・・・ ステンドグラスも鉛線を使うときは松脂を使いますが、最近の新しい工房や教室では還元剤のフラックスを使ってしまうとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡林信康・チューリップのアップリケ

昔の歌は旋律も綺麗だし、歌詞も素晴らしくて、感動するものが多かったですねぇ・・・♪ 今の曲は字余りとか旋律が複雑で、琴線に触れることがあまりない。 といってもいいでしょうか・・・ 曲作りは無限といっても、どこか似てしまうのが最近の曲なのかもしれませんねぇ。 ジブリの音楽を担当している久石譲さんは、日本では人気ありますが、名前の由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさし・北の国から

さだまさしさんの曲はいつも映像とマッチしていて、とてもいいですねぇ・・・・ 歌詞のないスキャット(特に意味のない歌詞)は、シンガーソングライターとしての「さだまさし」さんにとっては、嫌なオーダーだったかもしれませんが、これほどまでに完成度を高めたのはさすがです。 倉本聡さんのオーダーは実に的を射たもので、それに見事な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Korg・tuner(チューナー)CA-30

若い時にギターを少しかじってました。 が、自分の指の短さではこれは無理。 もちろんクラシックギターでのお話。 ネックは太いしコードを押さえようにも指が届かなかったり、まぁ外人さん仕様の楽器を日本人がやっても、体の構造が違うのであきらめていました。 で、ある時与論島へ行ったら琉球楽器の三線(さんしん)に出会いました♪ ネックは細い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽CDと書き込みコピー

ここのところちょっとブログサボってしまいましたねぇ・・・ 毎日見に来てくれている愛読者の皆様ゴメンナサイです。 今日は千葉県の幕張メッセでオートサロンという展示会に行ってましたが、すっごい入場者でちょっとビックリ。 車って人気のあるカテゴリーなんですねぇ・・・ 私は動くツールとして評価しているので、性能とかス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五反田・ライブ&カフェバー「Rocky」

昨夜は久しぶりにライブスポットへ・・・♪ 若いときはよくライブスポットへ出向いていましたが、最近は機会がないと自分から率先して行くことが少なくなりました。 が、昨日は知り合いのバンドというか歌手の方がライブをするという話を聞いて、ならばと、久しぶりに生演奏を聴きにいって参りました~ バンドは「Dejavu」(デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群青・神風特攻隊(谷村新司)

こういう画像を載せるのは賛否両論あるでしょうか・・・ 歴史をたどればいつの時代も戦争があって、人はいつになったら争いのない「文化人」になれるのか。 終わりなき戦いはもう止めたほうがいいのになぁって・・・ また地球の北極と南極の氷の融け方は半端じゃぁありません。 ある学者によると極の氷がすべて融ければ、現在の水面が80mも上がるん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会いたい / 沢田知可子

最近よく聴いている曲があります。 旋律の美しさと歌詞の素晴らしさ。 死んでしまった彼のこと。 たくさんの約束事。 哀愁を感じるいい曲ですねぇ・・・♪ ブログ今日からアクセスカウンター表示されるようになりました。 ちょっぴり張合いが出てきましたね。 ビッグローブのスタッフによる努力の賜物です。 ありがとうございます(*^^*)/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおたか静流・安里屋ユンタ

うちの愛犬のお名前は、「アサドヤユンタ」 これ、もちろん琉球地方の民謡で名高い「安里屋ユンタ」がその語源です。 いろんなバージョンありますけど、オリジナルを凌ぐのはおおたか静流さんだけかもしれませんねぇ・・・ 斬新さや独特のおおたか節。 昔、イングランドでプログレシッブロックという音楽が流行ったことがありました。 代表取締役とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Led Zeppelin - Whole Lotta Love

今日はブログお休みの予定でしたが、今日の教室である生徒さんとお話に出ていた「Led Zeppelin - Whole Lotta Love 」をご紹介いたします。 日本語で言うと「胸いっぱいの愛を」 自分が中学二年生の時のヒット曲です。 当時は音楽評論家の湯川玲子さんが絶賛していたレッドツェッペリン。 武道館へコンサート聴きに行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏川りみ・涙そうそう

昨日と今日ステンドグラスの修理依頼がありました。 聞けば昨年の大地震で倒れたランプの修理をしてほしいとのこと。 「持ってきていただければ、修理代だけで済みますので、そのほうが安くなりますよ・・・」 が、持っていくことが出来ないとのお話。 「ご主人のお休みの日にでも・・・」「主人は今いないので・・・」 なので「どなたか車を運転でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭潔バリトンリサイタル♪

見沼区からみえてくれている生徒(YT)さんの弟さんで、バリトン歌手をしている方がおります。 以前も何度か聴きに行った事がありますが、来月の12日(土曜日)に川口市の総合文化センター「リリア音楽ホール」で、還暦記念のバリトンリサイタルが開催されます。 歌劇「トスカ」第二幕などで警視総監のスカルピア男爵役を演じるのがその「旭潔」さん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鈴懸の木(プラタナス)

一週間ほど前でしたか、見沼用水沿いを歩いていたら遊歩道にイガイガの丸い実が落ちていました。 よく見かけるんですけど何の実だか分かりません。 すると先週のステンドグラス教室に来た生徒さんが、その実を固めて持ってきたので、「あぁ、これよく見かけるけど何の実なんですか?」と尋ねると「チューリップの木の下によく落っこちてるんで、チューリップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Doobie Brothers - Long Train Running

昔ディスコってあったんですよね。 ライブバンドの演奏に合わせて踊るライブハウスといってもいいでしょうか。 私も若い時は一週間に六日ほど通ったことがありました(*^^; 親友が池袋周辺に住んでいたことから、豊島区や新宿区、また六本木がある港区まで行き朝まで踊ることもあり、まぁ若気の至りみたいなことや悪ふざけもしていましたねぇ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前橋テルサ山崎ハコ・コンサート

一昨日は夕方に群馬県の前橋で山崎ハコさんのコンサートがありました コンサートは久しぶりでしたが、本当に素晴らしいコンサートでしたねぇ・・・ 琴線に触れるってこういうことなんでしょうね。 歌が上手な歌手といえば美空ひばりさんとか森昌子さんとか、まぁ歌詞に情感をのせて歌い上げる人が選ばれると言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山崎ハコ・望郷

最近ある歌い手にハマッているワタクシです。 心で唄う歌手「山崎ハコ」さんなんですけど、昔というか自分が大学生だったころ、二歳年下の弟が持っていたアルバムがハコさんのセカンドアルバムでした。 当時は「琴線に触れる」ということが分からなくて、あまり歌の上手ではない人といった烙印を押し、もちろん自分のことは棚に上げてという、身の程知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山崎ハコ・桔梗(ききょう)の花

今日はブログお休みのつもりでしたが、とても美しい旋律と詩に出会えたのでそれをアップします 私の大好きな歌手で山崎ハコさんの「ききょうの花」です。 歌が上手くないという方もいらっしゃるようですが、私はこのテイストが大好きです 感性が似ているのか同感と感じる部分も多くて、価値観の近さを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜坂の朧月夜

ここのところどういうわけか、何をするにも「おっくう」になってきて、寒さのせいにしたり孫のせいにしたり、責任転嫁と言われても仕方がないかも? なんて状態が続いていますねぇ・・・(*^^; これ、ブログをサボっているからその言い訳として書いているわけではないんですけど、北海道や日本百名山を踏破された方が、最近は何をするのも億劫(おっく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パッフェルベル・カノン♪

生まれて初めて買ったレコードはシングル盤3枚でした♪ 一つはサイモン&ガーファンクルの「サウンドオブサイレンス」 そして「プロコルハルムの青い影」 「カスケーズの悲しき雨音」です。 当時中学二年生だった私にとってシングル盤とはいえ、三枚はかなり重荷の価格です・・・ S&Gの歌詞は高度で哲学的要素を感じ、旋律の美しさもありましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンクフロイド・吹けよ嵐呼べよ嵐

自分が高校生の時だったか、大学生の時でしたかよく覚えていませんが、アメリカンロックにちょっと飽きていた頃、 イギリスのブリティッシュサウンドの方が好きだった時のお話です。 洗練された泥臭くない旋律とサウンド・・・ ですが、これがプロレスラーのメインテーマになるとは思っていませんでしたねぇ。 私の母親は自分が小さい時プロレスが大好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローリングストーンズ・Satisfaction♪

今日はブログお休みにする予定だったんですけど、「you tube」を聴いていたらちょっとアップしてみようかなぁって・・ 昔というか若い時はビートルズが最高だと信じて、その中でもジョンレノンは天才だと感じておりました。 秀才は秀才を理解できますが天才は範疇外なので、理解できないことを大人になってから学びました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

竹内獅子丸の三味線ライブと花火のコラボ♪

ニセコに滞在していた8/6は、花火大会と町のお祭りがありました♪ 場所を確認し夕方に行ってみると、熱気球のデモンストレーションや三味線のライブもあるんだとか・・・ 昼間は暑くても夕方には涼しい風が吹いてくるのが北海道で、そこが関東地方との大きな違いでもあります。 で、十勝でアウトドアをしている方々が気球を飛ばすのに準備をしていて、暫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸大橋

新潟県と福島県の集中豪雨、すさまじいですねぇ・・・ 被害にあわれた方お見舞い申し上げます。 今年の日本は仏滅なんでしょうか。 春の巨大地震に始まり大津波。 そしてとどめが原発事故による放射能被害。 で、今日は洪水に土砂崩れとは。。。 神様と地球が怒っているんでしょうか・・・ 都会では私利私欲に走る俗物だらけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井上陽水・氷の世界

高校二年の時だったと思います。 深夜放送でニューフェイスのフォークシンガーを特集していました。 「井上陽水」のファーストアルバム「断絶」を、音楽評論家の湯川玲子さんだったように記憶していますが、それを紹介していた番組がありました・・・ 「傘がない」 「ハトが泣いている」 「白い船」など、当時としては画期的な旋律と歌詞にカルチャーショ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クラプトンのsunshine of your love

今日は工房の事務所にあるシンクが水漏れをおこしました(*^^; 原因はステンレスが錆びて穴が空いたことからのものでした。 新築といっても十年経てばガタがくるものなんですねぇ・・・ ステンレスというのはジャパニーズイングリッシュなんですけど、鉄がないというのが直訳で実際には軽く100種以上あるでしょうねぇ・・・ 品質が高いステン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Wood stockのイアンマシューズ

今日はブログお休みにしようかと思っていましたが、とっても懐かしいサウンドを見つけてしまいましたので、それをお届けしたいと思います~~♪ アメリカンはいろんな民族性があり、それはそれで評価できるんですけど、ポリシーやセンスを問われるのがアートであり、ジャンルは違っても追求するものは同じなので、今日は私が学生だった頃に大好きだった曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sly & The Family Stone - Family Affair

今日はブログお休みにしようかと思っていましたが、私の大好きなユーチューブで懐かしいサウンドを見つけましたので、それをお届けしたいと思います~♪ 昔ウッドストックという音楽の大きな祭典がありました・・・ 今では幻とも言えるジミヘンの紫の煙や、クロスビースティルス、ナッシュアンドヤングなど、堪らないアーチストの祭典でした。 自分がD…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルロスサンタナの音楽

事務仕事って直ぐに飽きちゃいますねぇ・・・(*^^; 刺激がないと生活することすらままならないのが工芸家なんでしょうか。 なので夕方からずっと「you tube」にハマッているワタクシです まぁ、困ったもんですねぇ・・・ 数字は嫌いですけど数学は特に嫌いな学科ではなかったんですけど、見ていても飽きて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more