ダルドベールのランプ

画像


ダルドベールという厚いガラスをご存知でしょうか・・・ チッピングハンマーを使って、ファセットと呼ばれる貝状の文様を欠き込み、通常は黒染めの砂で接着剤で固定していく技法です。 箱根のピカソ美術館でしたか、中庭に丸い円柱型の建物があるんですけど、そこに収まっているのがこの「ダルドベール」です。 で、今回はフュージングとダルのコラボレーション。 背景はグリーンとグレーの合わせガラスをフュージング。 ナンバリングのマーカーを消すため、除光液を使いましたがその量が多かったのか、つや消しガラスになってしまいました。

裏面にはナンバリングしたマーカーはなかったので、再度裏面を表にしてフュージング。 すると今度はツヤツヤの光沢あるガラスに変身してくれました~♪。 作者は高円寺から見えてくれているRNさん。 ネットで見た作品が気に入ったので、それをアレンジして作ってみたようです。

画像


私的にはこういった独創性を感じる作品って好きですねぇ・・・ 重厚感もあって男性的な作品ですが、その中にも女性的な繊細さを感じる「良い作品」ではないでしょうか・・・ 個人的にはとてもいいと思います~

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、その他の生徒さんが作られたステンドグラスを見たいという方は、こちらからどうぞ♪





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック