玄関室のペンダントランプ

画像


ウチの庭に植樹した河津桜、ようやく開花しましたねぇ・・・ 後日このブログにアップしますけど、厳しい寒さもようやく峠を越えた関東地方。 ですが、台風並みに発達した低気圧の影響で、東北や北海道ではまだ寒さも真冬並のようで、生活することすら大変な地域もあるようですね。 なので、事故や健康にはくれぐれも注意しなくてはならない我が日本。 寒さもそろそろ三寒四温になれば嬉しいんですけど、花粉だけは嫌ですねぇ・・・ 本当に。

では本題に入ります。 今週の木曜日だったか、春日部からみえてくれている生徒(KN)さんの作品が完成しました。 自宅の玄関室に取り付けるペンダントランプ。 当初は工作用紙でセロテープを貼り付けたランプフォーム(型)を持ってきて、こんな感じのものを作りたいんですけど・・・ なんてお話。 見れば部分的に折れ曲がっていたので、オブジェ的要素の強いものを作りたいのかな? と感じていました。

画像


天井部は五角形で、キャップではなくスパイダーで吊るしたいとの事。 ですが、五角形のものはないので、「2か3の倍数なら対処できますが・・・」 「ん~、五角形はできないんですか?」 「そうですねぇ、イージーオーダーで作れば、まぁ出来ますけど」 「じゃぁ、それでお願いします」なんて事に。 で、360度÷5=72度なので、「5分割して点を入れてください」 

ボール盤にバイスをセットして慎重に3.1mmの穴を開け、スパイダーの真鍮棒(3.0mm)を入れ、「棒を入れスパイダーコアをかしめてください」 すると「かしめる???」 「かしめるってきいた事がありますか?」 「いやぁ、初めて聞きました」 なので、ポンチを出してハンマーで棒の部分の上にあたるコアを、二度打ちで「かしめ」の実演をすると「これで止まってるんですか?」 「えぇ、これで圧をかけて止めることをかしめるって言うんです」と言えば、「生まれて初めて聞きましたぁ~」 もの作りの世界では常識でも一般の人達にとっては、目から鱗だったようですねぇ・・・

画像


このランプ、上部が正五角形で下部は五角形の星型になっています。 当初ご本人はそういう考えがなかったようでしたが、フォルム(形)が丸いだけだと面白みがないので、私の意向でオブジェ的要素を強くしてみましたが、合体が難儀でしたけど自分も勉強になった、造形美を感じるペンダントランプになりました。

使用グラスはアンティークとキャセドラルで、色の投影も楽しめる素敵なペンダントライトができました。 完成おめでとうございます~

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、その他の生徒さんが作られたステンドグラスを見たいという方は、こちらからどうぞ♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kinkon
2014年03月09日 10:28
30年以上使っていたランプに感謝しつつ、とりかえました。

少し青みをおびた光に満ち、狭~い玄関が、とてもいい感じ、素敵になりました。

ありがとうございました。
nancy
2014年03月10日 10:46
スワロフスキーもワンポイントになり、空間演出デザインのランプになりましたね。 喜んでもらえたら私も嬉しいです。
YT
2014年03月10日 20:28
kinkonさん~
 
 ペンダントランプ、完成おめでとうございます!
 完成、早かったですね!びつくりです。
 
 青の色とスワフロスキーが絶妙!
 揺れるビーズのデザイン、大好きです♪
 
kinkon
2014年03月11日 11:32
YTさん
コメントありがとうございます。
蝉のような・・、ロケットのような・・などと形容していましたが、あかりがともると、きれいです。
帰って玄関を開けるのが楽しみになりました。
2014年08月22日 18:58
とてもロマンチックで
素敵です!

この記事へのトラックバック