フュージングの置時計

画像


リビングで使っていたアンティーク調の時計が壊れてしまい、よくよく見るとムーブメント(時計本体)が中国製で、電池を換えても動きません・・・ なので、本体をハンマーで強く打ち砕き木枠から外して、新しくステンドグラスのパネルを入れてみました 私が使っているムーブメントは横浜市にある国産メーカーの「誠時」です。 水晶発信(クオーツで¥1550)なので年間でも数秒の狂いしか出ませんね。 やっぱり日本のメーカーはすごいです。

益子や笠間の陶器市で時計が出ていますけど、作家さんに聞くと皆ダイソーのムーブメント(¥100)を使っているといったお話をよく聞きます。 売りたい気持ちは分かるけど私にはそういうことはできません・・・ やはり信用をなくすようなことをしたら、お客さんにも申し訳ないし、良心の呵責で悩むことでしょう・・・ まぁ、商売人にはとてもなれません・・・ だからいつも貧乏なんですよねぇ

画像


上の画像でナゲットのように見える丸い玉は、電気炉で焼いて作ったオリジナルのナゲット(貴重なものという意味)です。 自分で作ればサイズはもちろん色もブルーにグリーンを重ねたりして、オリジナルカラーのガラスを作れます。 私はコンパチといって「tested compatiible」 つまり膨張係数テスト済みのガラスは使わず、通常のレギュラーガラスを使っています。 何故ならガラス代が安いし、出来上がりも変わりません。 ただ膨張係数が合わないと割れてしまうこともありますが、 何年もやっているとガラスと対話が出来るようになるので、今はよほどのことがない限りわれてしまうことはありません。 まぁ、データをとってそれの研究をすればいいだけのことですね。

これ、ちょっといくつか気に入らない部分があるんですけど、自分用なので「ジャマイカ精神」で「じゃぁ、ま、いっか~」ってことで・・・

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック