礼文岳登山・序章編

画像

起登臼(きとうす)の登山口からは急勾配が続き「いきなりこれかぁ・・・」と先が不安になってきます。 が、それも1kmくらいでしょうか、それを抜けるとなだらかな緩斜面(かんしゃめん)になり、ちょっと一息つくことができました♪ 昨日のヨツバヒヨドリとトンボエダシャクは、この緩斜面で見かけたものなんですけど、一時間ほど登ると急に喉が渇いてきました。 で、デイパックにお茶を入れてくるのを忘れたことに気づき、このまま登っていくとまずいかもと感じて、半分ほど登っていたんですが一旦戻ることにした私です 「まったくもう私ってどうしようもないなぁ」と自己嫌悪。

「でもまぁ急ぐ旅でもないし、ゆっくりと安全に行ったほうが賢明なんだろうな」と、冷静に状況を判断して再度礼文岳に挑戦~♪ 画像上は礼文島北部の丘から眺めた礼文岳で、遠くから見ると結構キツイかなと感じますよねぇ・・・ でも海岸線から直線距離にすると5kmくらいなんでしょうか、自然との対話をしながらゆっくりと登ってきました。

画像


画像中は、その登山口から1kmほど登った所から海が見えたので撮影してきたものです。 写真だけ見るとかなり高い所って感じますよねぇ・・・  ビルだったら何階くらいに相当するんでしょうかね。 高所恐怖症の人だと見ることもできないかもしれません。

画像下は、登山口から2kmほど進んだ礼文の登山道。 白樺のように見える樹は「ダケカンバ」なんでしょうか、また、寒冷地(高所)によくあるハイマツなどもお目見えしてきて、「高い山に登ってきたんだなぁ~」と実感 明日はその礼文岳登頂編です 絶景の360度大パノラマです、お楽しみに~~(*^^*)/

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック