アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「文化」のブログ記事

みんなの「文化」ブログ

タイトル 日 時
10月マダン埼玉民団祭り
10月マダン埼玉民団祭り ちょっとトピックが飛びますが、先日の日和田山ハイキングの帰りに丁度お昼ということもあって、高麗川でテーブルを出してのランチタイム♪ 川の水は透明度が高く空気もひんやりして美味しいです。 せせらぎを聴きながらアウトドアのお食事は美味しさが増すようです。 画像はないんですけど日高市の県道沿いにある豆腐の専門店で買った「豆腐ハンバーグ」 これすごく美味しいので、今度行ったら写真を撮ってきますので、後日ご紹介いたします〜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/16 18:25
知里幸恵・銀のしずく記念館
知里幸恵・銀のしずく記念館 台風12号のおかげで白老の民宿に三連泊していたときのお話です。 超ノロノロ台風の影響で海は大シケ、陸地は暴風雨が吹き荒れる中、もちろん帰路のフェリーは港に停泊状態。 「ん〜、いつまで待てばフェリーに乗れるのか・・・ 例え乗れたとしてもこの暴風雨じゃぁ船酔いをするのが明白だし、湯船のお湯はほとんど揺れてないでしょうねぇ・・・」 揚句の果てに台風13号まで来てしまい、右には12号、左には13号と挟み撃ちの状態(*^^; これじゃぁ右往左往すらできません。 なので登別温泉のホテルでPCを繋いでネ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/17 20:11
キリコ会館と輪島大祭
キリコ会館と輪島大祭 さて今日は北陸編に戻します♪ 京都だったり北海道だったりいろいろあるんですけど、今日は前述の続編「北陸編」です。 足湯を堪能したあとは生憎の雨模様だったので、石川県輪島漆芸美術館へ・・・ 日本の伝統工芸でもある輪島塗の本質を知りたくて、作品はもちろん館内にある製作工程のビデオを2時間ほど見て来ました。 材料である木の加工をする木地師さんに始まり、珪藻土(けいそうど)を焼いて地粉を作り、椀のヘチに虫除けの蚊帳(かや)を巻きつけ強度を出し、一辺地を塗りそれを紙やすりで研ぎ、二辺地を塗って乾かしま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/17 19:03
打掛と肩衣(かたきぬ)
打掛と肩衣(かたきぬ) 固いトピックばかりですが、最近はこういった日本を感じるものにとても興味があり、海外は特に白人文化は対象外になってきました。 何故かといえば人種差別を発端に黄色人種や黒人文化を見下している、と言わざるを得ない傲慢な言動は「野蛮人」と言ってもよいぐらい、まぁ呆れ果てる時事が多いですよねぇ・・・ フランスのミシュランなんかもタイヤメーカーなのに、日本はもちろん世界各地に出向いて、飲食店に行っては「はい、お宅の店は☆です」とか言って、自分勝手に一つ星です!なんてランク付けしてるし・・・ これ、日本の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/29 19:27
遠野昔話・語り部館
遠野昔話・語り部館 さて今日は東北シリーズに戻します♪ ここのところお仕事がとっても忙しくて、夜になるとどっと疲れが出てしまいます。 夏至も近いので、というかもう過ぎたんでしょうかね、太陽さんの登場が早いので朝は4時とか5時に起きて、ゆん太君のお散歩を済ませ、お洗濯と朝食を作って朝仕事をし・・・ なんて調子なので6時になるとビアタイムなんて感じです。 なのでお疲れモードで二日間もブログ書けませんでした。 愛読者の皆様ゴメンナサイです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/19 18:48
とおの昔話村・柳翁宿
とおの昔話村・柳翁宿 遠野の町って昔の日本を彷彿させてくれる風情が嬉しかったですねぇ・・・ 町を歩けば辻馬車はポッカポッカと音を鳴らして歩いているし、建物はコンクリートを使っていてもレトロな感じで心が落ち着きます。 町並みは綺麗なのに若い人があまり多くないからなのか、都会的な俗化したお店もなくキャピキャピしていなくて、とてもいい感じの町ですね。 柳田国男の旧居を見て回ったあとはそこと隣接していた「柳翁宿」(りゅうおうじゅく)へ・・・♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/12 18:56
神々の詩・姫神
東北シリーズちょっと一休みして、今日は私の大好きな姫神の代表曲「神々の詩」をお聴き下さい♪ お父さんが亡くなられて今は息子さんである星吉紀さんが引き継いでいます。 最近の曲は良く言えば垢抜けてきたと感じていますが、これはお父さんの時代を否定しているわけではありません。 昔の姫神も好きでしたし、今の姫神も大好きです。 まだコンサートに行ったことがないので、一度は行きたいと思っております♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/04 19:13
アイヌ文化の歴史と音楽
アイヌ文化の歴史と音楽 北海道シリーズ本当に永いものでしたが、今日で一年目の最終回となりました(*^^; 本当は二年目の続編もあるんですが、とりあえず終わりにして異なる地方のトピックスにするつもりです。 2年に及ぶ永すぎたトピックスご愛読ありがとうございました。 私的には北海道の良さをある程度はご理解していただけたものと感じておりますが、如何でしたでしょうか・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/29 19:10
ポロトコタンとオハウ
ポロトコタンとオハウ 北海道を去る日。 「なんだかもう一ヶ月経ってしまったのか・・・」が素直な感想でしたね。 刺激的なことが大好きな私なので、最終日にアイヌコタンに訪れることができたのは、もう少し北方民族の文化や歴史を勉強しなさいということなんでしょうね、きっと♪ なので嬉しくて白老町にある「ポロトコタン」を満喫してきました。 そうそうここの名前の「ポロト」は「大きな湖」という意味で「コタン」はご存知の方も多いと思いますが、部落とか村といった解釈で良いかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/28 18:29
和琴半島・民宿三香温泉
和琴半島・民宿三香温泉 昨夜のNHK「その時歴史は動いた」をご覧になった方おりますでしょうか? 今私は北海道についていろんな事柄をブログに書いています。もちろんアイヌ民族のこともそうですが、その伝統や文化に大変興味を持ち始めたところだったので、昨日の「知里幸恵さんのアイヌ神謡集」とっても感動しましたねぇ・・・ 途中涙も出たほど素晴らしいものでした。 ブログに書いていた事が立証された思いもあったし、私個人はアイヌ民族ではありませんが、アイヌ民族の文化が肯定されたようですごく嬉しい日になりました。 言語学者の金田一京助... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/10/16 18:27
アイヌ刺繍のバッグ
アイヌ刺繍のバッグ アイヌコタンを歩いていると珍しいものばかりで、とても楽しかった私です♪ 左側の坂道を登って奥にあったアイヌ生活館でUターンすると、アイヌ刺繍のお店がありました。 以前から半纏を欲しかったので、それらしいものがないかなぁとお店に入ると、いろんな手工芸品がたくさんありました 中でもデザインや色合い、サイズ、機能性などトータルで評価できるバッグがあったので、「これ、いくらですか?」と尋ねると「¥8500です」とお店の人。 手間賃を考えれば安いよなぁと感じて早速購入したものが上の画像。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 19:04
阿寒湖のアイヌコタン
阿寒湖のアイヌコタン 北方民族を知る上でアイヌコタンはどうしても来たかった私♪ そのコタン(部落)で最も大きいのがここ阿寒湖のアイヌコタンです。 阿寒湖の散策を手短に済ませてからはそのコタンへ行くと、入り口にはそのアイヌ民族の象徴的存在の一つ、「コタンコロカムイ」が大空に羽ばたいていました。 「あぁ、やっと念願だったアイヌコタンへ来たんだなぁ・・・」とワクワクしてきます 私ってこういった民族的なものが大好きなんですよねぇ・・・ 文化や知恵を感じるし、刺激的でとってもいいなぁって思います♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 19:17
北海道伝統美術工芸村
北海道伝統美術工芸村 一年で花が最も綺麗に咲き誇り、ラベンダーやポピー、エゾカンゾウやセキチクなどなど、花の季節としては最高の時期の“美瑛”でしたが、生憎の天気が続いていたので富良野に美瑛を諦めざるを得ませんでした。 なので、「今年はもう無理かな。 他の場所への移動日とした方が賢明かも・・・」と感じて「宗谷岬まで行っちゃえ〜!」 という結論に達した私。 たまには美術浸けもいいかなと感じて旭川市内を走っていたら、右手に「北海道伝統美術工芸村」なる看板を発見。 で、早速右折して駐車場に停め美術館散策を・・・♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/01 19:12
ウラッチセ(笹葺きの家)
ウラッチセ(笹葺きの家) 北海道の旅も4日目。 いつもは超がつくほどの“ハレオトコ”なんですけど、一度も太陽が出てくれなくて梅雨空を感じさせる嫌なお天気ばかり・・・ 夜には強めの雨が降り、朝と夕方は霧雨というパターンが4日も続くとイヤになってきます。 これも初日に出会った「オバタリアンの呪い」なんでしょうかねぇ・・・ 本当は風景が美しい美瑛の町の撮影をする予定が、大幅に狂ってしまい天気予報を見ても、まだあと二日は雨との予報です・・・ 「このまま美瑛にいても撮影もできないし、場所を移動しようかなぁ。。。」と思案して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/31 19:49
チタラベ織り
チタラベ織り アイヌの歴史や文化を紐解くと、「和人」と呼ばれる本州の人々による差別や迫害、抑圧、搾取など上げたらキリがないほどの「和人」による傍若無人ぶりが見えてきます。 1400年から1700年の時代にアイヌ文化が栄えたようですが、和人との幾多の戦争にことごとく敗退したアイヌの人々。 何故負けてしまったのかは、武器や物量によるものだったのかもしれませんが、経済最優先ではなく裏を返せば、自然との協調を重視していた「良心」があったからこそなのかもしれません・・・  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/30 19:10
旭川市・川村カ子トアイヌ記念館
旭川市・川村カ子トアイヌ記念館 旅三日目の朝食は美瑛駅前でステンドグラスをやっているAさんが、「お友達もいるんだったら、よかったら一緒にウチで食べませんか?」と誘ってくれたので、そのご好意に甘えて元さん共々Aさん宅へ・・・ いつものことだけど本当に親切な方で、「知らない旅の人も何度も泊めたことあるから、よかったら一緒に連れてくれば」とのお話。 初めて会った旅人なんかでも、宿泊先がなくて困っていれば「ウチに泊っていけばいい・・・」なんて、なかなか言えるものではありません。 埼玉や東京などの都市部では有り得ない話で、おおらかな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/28 18:48
マタンプシとマキリ
マタンプシとマキリ 異国とも感じるアイヌの伝統文化に触れていると、時が経つのも忘れてしまいそうでした。 本州の北国にも東北アイヌと言える人々がいるそうで、また青森や秋田、岩手などにも行ってそれに関する情報を集めてみたくなってしまった私です(*~~; でもアイヌ民族の本場と言っても良い「北海道」で、出来る限り見て触れて、その文化を吸収できれば、日本文化をテーマにした作品もできそうで、今後の課題としてまた一つの題材として価値のある旅になりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/08/24 19:19
鹿角テーブルと椅子
鹿角テーブルと椅子 アイヌ伝統の工芸品や生活用具を見ていると、アイヌ語で書かれているせいもあって、何だか刺激的でとても楽しいですねぇ・・・♪ 異国情緒といってもよい文化を感じて一つ一つ丁寧に観ていたら、ゆん太の「ギャオ〜〜ン攻撃」が始まってしまい、生憎ゆっくりと観賞できなくなってしまい、足早に見ざるを得ませんでした(*~~; 「まったく、もぉ〜〜!」とは思いますが、まだ生後4ヶ月の赤ちゃんだから致し方のないところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/21 18:55
チョウザメと魚皮の洋服
チョウザメと魚皮の洋服 可愛らしい建物だったコロポックルを見たあとは、萱野茂アイヌ文化資料館へ・・・♪ ここは、民家風の建物でコギレイな美術館とは程遠く、どちらかといえば親近感を感じさせてくれる建物。 中へ入るとアイヌ民族の使用した狩猟用具や衣装などが所狭しで陳列されていて、一つ一つを味わうというよりも圧縮陳列という表現がピッタリかも。 昔の人達の知恵を感じるものって私は大好きなんですよねぇ・・・ 展示方法がイマイチかなと感じるのは自分が工芸家だからなんでしょうけど、でもアイヌのたくさんの作品を観てもらいたいという... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/20 19:58
サザンクロスセンター
サザンクロスセンター 風邪気味だった娘が、スノーケリングをしていたら「寒い・・・」というので、すぐに止めて皆田海岸へ戻ります。。。 体調が良くないのは、初日にホテルのエアコンを朝までつけっぱなしにしていた私のせいだと感じていたので、ちょっぴり残念でしたが娘の体の方が大事なので、楽園荘のスタッフに「戻りたいんですけど・・・」と言うと「はい、分かりました。じゃぁ乗ってください」と言われたものの、海からマリンジェットに乗るのが結構しんどくて、やっぱし歳なのかなぁって・・・(*~~; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/03 19:44
芭蕉布
芭蕉布 民族村で一番目を惹いたものが伝統織物“芭蕉布” どこの地方へ行ってもこういう民族の歴史を感じさせてくれるものが好きな私♪ やっぱり知恵を感じさせてくれるものっていいです、ホントに(*^^*) 派手さはありませんが、生成り(きなり)の自然な色合いと、草木染めの控え目なデザインが芭蕉布の特徴です。夏が暑い与論だとこういった風通しの良いものは、最高に着心地がいいんでしょうねぇ・・・きっと♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/17 18:14
民族村
民族村 花や海岸線を見て回りながらの島巡り。 もちろんどの景色も見た事がないものばかりで、花も黄色のハイビスカスやショウジョウソウなど、生まれて初めて見るものばかり・・・ 結構刺激的で、「与論島に来たんだなぁ〜」と実感♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/16 18:04

トップへ | みんなの「文化」ブログ

ステンドグラス屋さんのブログ♪  文化のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる