アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「京都」のブログ記事

みんなの「京都」ブログ

タイトル 日 時
舞妓さんと芸妓さん
埼玉に住んでいると海はないし、山もこれといった高い山もありません・・・ 温泉と言っても湯温の低い鉱泉はあるけど、源泉が40度以上なんて温泉もないし、県外の観光客がくる所といえば、秩父の夜祭か川越祭りくらいでしょうか。 なので京都の文化に憧れを抱いている埼玉県人って多いかもしれません。 人間っていうのは「ないものねだり」をする動物で、かくいう私もそうなんでしょうねぇ・・・(*^^; 今日はブログお休みにするつもりでしたが、ユーチューブで貴重な画像を見つけてしまいましたので、それをお届けい... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/20 20:50
貴船川の紅葉
貴船川の紅葉 個展の作品はその制作も大事ですが、それ以前の下準備が最も時間を要します。 作品を納める建具は美術建具の中でも最高峰と言えるものを作りたいし、それが自分一人で作れなければコラボレーションするしかありません。 またどこまで一人で作れるのかということも大切です。 ライティングや採光、また照明器具などなど、どれ一つとっても手を抜くことが出来ないのが、自分流の個展であり妥協は一切しないつもりです。 「光の曼荼羅」をテーマとした作品を作るため、今回は親友のカメラマンY君と一緒に、京都市内のある美術館を訪... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/06 07:22
方丈庭園と大雄苑
方丈庭園と大雄苑 建仁寺には仏教美術の作品も多く所蔵してあり、好きな人にはとても魅力的な禅宗寺院です。 俵屋宗達の風塵雷神がつとに有名で、海北友松(かいほうゆうしょう)作の襖絵などの文化財が豊富です。 寺としては釈迦如来を本尊とする臨済宗建仁寺派の総本山。 現在の建物は当時のものではなく、応仁の乱などで消失してしまったものを復興させたもののようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/01 07:07
建仁寺の双龍図と潮音庭
建仁寺の双龍図と潮音庭 京都では個展の打ち合わせで秀吉の正室北の政所通称「ねね」の寺として名高い、高台寺・円徳院さんへ行って参りました。 今回は日頃の「仕事としての作品」を見ていただくために、来月に取り付け予定の孔雀の作品を持っていきました。 個展としての作品と注文の商品との違いは、要望が存在するのかしないのかの違いによるものです。 自分の好き勝手に作ればいわゆる「作品」になりますが、そこに要望が入り込めば商品になります。 作品と商品の差はどちらが上とか下ではなく、心がこもっていれば同等の価値があるのかもしれません... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/30 20:18
宇治川と宇治神社
宇治川と宇治神社 紫式部の源氏物語全編54帖の最後10帖がこの宇治を舞台にしていることから、「宇治10帖」と呼ばれているのはご存知の方も多いお話です。 45帖の「橋姫」で始まり、「夢浮橋」で終わることから「宇治川」を舞台に設定されたことが解ります。 ここを訪れる人には往時の王朝文学へ思いを馳せる方も多いことでしょうねぇ・・・ 愛宕山から流れ出てくる川の水も透き通っていて綺麗だし、自然も美しいところなのでこういった舞台になったんでしょうね、きっと♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/09 19:39
宇治公園と朝霧橋
宇治公園と朝霧橋 昨日はモラージュ菖蒲におけるステンドグラス展の搬入日で、早朝からドタバタしてまして朝ご飯も食べず、その仕度に追われていた私です(*^^; なのでちょっとお疲れモードだったのでブログお休みしてしまいました。 ごめんなさい。 で、無事ディスプレイも終わり13日が最終日になります。 久喜や加須、幸手、蓮田市などの県北にお住まいの方でステンドグラスに興味のある方、是非どうぞご覧くださいませ。 また、ここの教室で講師をしてくれるMSさんやお手伝いと作品を出品してくれたTMさん、YTさん、そしてKNさ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/08 18:37
平等院と鳳凰
平等院と鳳凰 京都市内で宿泊する予定が、京都市のガード(安全上の警備)が厳しかったこともあって宇治市まで来たわけですが、偶然にも平等院の前を通ることになりました。 確か中学生の修学旅行で来たように記憶していますが、これは「神様が観て行きなさい」というお告げなんだなと感じて、前夜に立ち寄ってみたら当日限定のライトアップがありました♪ 「うっひゃ〜、ホントにいい日に来たなぁ・・・」とほくそえんでいた私 入り口には旅行代理店らしき人がいて「もう一回観に行かれますか?」 「もう一回ってどういうことですか?」 「... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/06 20:06
天ヶ瀬ダム・森林公園
天ヶ瀬ダム・森林公園 前夜は京都の嵐山や嵯峨などで目ぼしい宿泊地を探していたんですけど、京都はなかなか厳しくて車を無料で停められる場所がありませんでしたねぇ・・・(*^^; なので、仕方なく奈良方面まで走ればなんとかなるかな?と、南下することにした私です。 道の駅もないし河川敷はどこもみな進入禁止だし、京都市のガードの固さにはちょっと閉口。 でもそれが最近の都市部での常識なんでしょうねぇ・・・ 悪いことをする輩もいるのは解りますが、キチンとした対応を出来る人達もいるわけだから、混同されても困るけど致し方のない事... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/05 19:09
龍安寺の石庭と蹲踞
龍安寺の石庭と蹲踞 龍安寺はなんと言っても「石庭」として名高いお寺です。 観光客のお目当てもその大半が「石庭」を見に来るわけで、皆そこを目指して歩いて行きます。 私は初めて訪れた所だったので何処にあるのか判らなかったんですけど、「↑石庭」と書かれた標識を見ながら龍安寺散策をしてまいりました♪ 拝観料を支払い正門なんでしょうかね、そこをくぐると左側に鏡容池(きょうようち)と呼ばれる池泉回遊式庭園がありました。 この庭園も小掘遠州作なのかな?と感じる庭園でしたけど、定かなことは判りませんので悪しからず・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/04 18:34
京都・龍安寺(りょうあんじ)
京都・龍安寺(りょうあんじ) 3年ほど前に娘と京都の紅葉を見に来て以来ですねぇ、京都は・・・ JRのコマーシャルで「そうだ、京都へ行こう!」でお馴染みですけど、何度来てもいいところですねぇ♪ 我が町さいたま市ではありえない風情と美しい紅葉。 人間皆「ないものねだり」ということなんでしょうけど、やっぱし惹かれるものを持っていますよねぇ、京都って。 今回は半分お仕事で残り半分は紅葉狩り。 だけどその紅葉見物も作品を作れればすべてお仕事ということになりますが、その作品をいつ作れるかかが問題なんですね・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/03 19:47
京都の旅・総集編
京都の旅・総集編 嵯峨嵐山でちりめん細工のお土産を買い、京福電鉄嵐山駅から京の台所“錦市場”(写真上)へ向かいます。旅も最終日だったのでちょっとお疲れ気味だった私。電車の中で居眠りをしてしまったようでした・・・(*^^;  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/31 18:38
嵯峨嵐山・常寂光寺
嵯峨嵐山・常寂光寺 今朝のNHKニュースでやってましたが、昨日書いたトピックの渡月橋で19歳の若い男の子が運転していた車が、橋の欄干を突き破って桂川に転落したようです。。。 幸いにも命に別状はなかったようですが、なんともまぁ、若気の至りとでも申しましょうか、多分スピードの出しすぎなんでしょうねぇ・・・(*~~; 渡月橋の話題を昨日書いたばかりだったので、ちょっとビックリしてしまいました。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/30 18:31
渡月橋(とげつきょう)
渡月橋(とげつきょう) 二時間半にわたり川下りを楽しんだあとは、嵯峨嵐山では最高のビューポイントである“渡月橋”を散策してきました。ここは景観の素晴らしさはもちろんですが、鵜飼や灯篭流し、また五山の送り火など、一年を通していろんな企画があり観光客が絶えないスポットです♪ こういった綺麗な自然を眺めているだけで、幸せな気分になれるのって不思議だなぁって思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/29 18:30
保津川のアオサギ
保津川のアオサギ 保津川の川下りは、行程が二時間半もありゆっくりと紅葉を鑑賞できるので、写真もたくさん撮ることができました♪ 途中アオサギさんが岩の上に佇んでいたので、愛用のカメラでパチリ(*^^*)/ 本当は望遠レンズならもっといい写真を撮れたんだけど、生憎15〜45mmのレンズだったので、こんな程度の写真しか撮れなかったのが下の写真。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/27 19:10
保津川下りの紅葉
保津川下りの紅葉 終点の亀山駅に着くとすぐに川下りへ行くバスに乗車。それから約15分ほど行った所にある保津川に到着します♪ 朝一のトロッコ列車で来たわけだけど、かなりのお客さんがいてここもご多分に漏れず、とても人気のあるコースのようでした。朝も早く御飯も食べていなかったので、娘とおにぎりとサンドイッチを買って朝食をとっていると、観光客がどんどん入ってきてこれはもうゆっくりと朝食をとってる状況じゃぁないなぁと感じて、早速乗船の手続きをしてみたものの、あとから来る団体客が優先のようで、なかなか乗船の名前を呼んでも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/26 17:51
嵯峨嵐山駅のトロッコ列車
嵯峨嵐山駅のトロッコ列車 京都の旅も四日目・・・ 最終日だったので娘に京都を代表する観光スポットの一つ“嵯峨嵐山”も見せてあげなくてはとの親心で、保津川下りを経験させてみるのもいいかなぁと、早朝の5時に起床(*~~; なんでこんなに早くおきなくてはいけないかと言うと、ここのトロッコ列車で行く保津川下りは、ネットや電話での予約を取れなかったので「当日券を嵯峨嵐山駅で早朝に購入しないと乗車できません」とのことだったので、眠い目をこすりながらも頑張って早起きする羽目に。。。(*~~; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/25 11:10
京都の夜景
京都の夜景 紅葉がピーク時の京都は、観光客でごった返しという表現がピッタリと当てはまるほどの人の波。。。 やはりそれだけ綺麗だということの表れだと思います。大混雑していた高台寺をあとにして、お腹も空いてきたところで、去年も行った祇園にあるおばんざいの店“欅”さんへ・・・♪  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/23 09:22
秀吉とねねの寺
秀吉とねねの寺 引き続き高台寺のトピックを・・・♪ この寺は秀吉とねね(北政所)の寺として有名ですが、庭園も池泉回遊式の見事なもので、昼間見たのと夜の顔ではかなりそのイメージが違います。傘亭や遺芳庵などのかわいい茶室もあり、個人的には結構好きなお寺さんです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/21 18:52
高台寺・紅葉のライトアップ
高台寺・紅葉のライトアップ ねねの小径から石塀小路を抜けて、一年坂から二年坂を通り清水寺へ向かいます♪ し、か、し、、、通りは人、人、人の荒波で自由に動くことができません(*~~; やっぱり人気のあるスポットだからしょうがないかと思い、ジッと耐えて歩くもののまるで牛歩のごとくゆ〜っくりとしか進まず、「まいったなぁ・・・これじゃぁ三が日の明治神宮と同じだよなぁ。。。」とブツブツ。三年坂から参道に入ると、もうすごすぎって感じの大混雑・・・(*~~; なので仕方なくUターンして、昔の参道だった“茶碗坂”への裏道を知っていたの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/20 18:41
ねねの小径(こみち)
ねねの小径(こみち) お土産を買いたいと言う娘の要望に応えて、南禅寺から円山公園を抜けて“ねねの道”へ・・・ ここから“ねねの小径”に入ると「ここいい感じだよねぇ・・・こういうとこ好きだなぁ。。。」「うん、お父さんもここは京都の中では、好きな場所の一つなんだよ・・・」 狭くて人間同士の対面通行すらままならない場所もありますが、間接照明として灯篭を使ったり、竹の塀などがあり本当に情緒のある通りです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/18 18:57
南禅寺
南禅寺 紅葉がとても綺麗だった真如堂をあとにして、また哲学の道に戻り永観堂に行くと時間が4時でした。ここは昼間の拝観料(¥1000)を支払っても5時には出なくてはならず、またなが〜い列に並びなおして、夜の部の拝観料(¥600)が別料金になっているので、一人¥1600もかかってしまいます(*~~; なので入り口付近での紅葉を見るだけにして南禅寺へ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/17 20:00
真如堂の紅葉
真如堂の紅葉 去年見た真如堂の紅葉の素晴らしさが、脳裏に焼きついていた私・・・ 哲学の道を右折して白川通りを越え、目的地の一つ“真如堂”を目指します♪ さて今年はどうなのかなぁとワクワクしながら東側にある裏門を抜けると、紅色に染まったモミジや黄色の銀杏が両目に飛び込んできました(*^^*)/   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/15 18:58
よーじやカフェ銀閣寺店
よーじやカフェ銀閣寺店 静かな佇まいの法然寺をあとにして、哲学の道を歩いていると「あった〜♪」と娘の声。「ん?よーじやかな・・・」と感じて遠くを見るとそれらしきお店があります。一緒に行った双子の次女は、長女から何か頼まれているようで、そそくさと中へ入っていきました(*~~; 私は店の写真を撮ってから、ゆっくりと日本庭園を回りながらショップに行くと、女性客で満員御礼って感じ(*^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/14 17:50
哲学の道と法然寺
哲学の道と法然寺 銀閣寺参道で京ちりめんのお土産を購入した後は、春は桜、秋は紅葉の名所として知られる「哲学の道」を散策。ここは哲学者の西田幾多郎氏が、思策に耽りながら歩いたという逸話で知られるところ。 琵琶湖疎水が流れるこの川には、初夏(5月頃)になるとホタルも飛ぶそうで四季折々楽しめる道です。そんな中、法然寺(ほうねんじ)が左手に見えてきたので、ちょっと立ち寄ってみました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/13 19:07
ちりめん細工館
ちりめん細工館 枯山水の庭園を観て綺麗な紅葉を楽しんだあとは、銀閣寺参道沿いに今年?オープンした縮緬(ちりめん)細工のお店でショッピング♪ 去年は確かこの店はなかったよなぁと思いながら、店内に入ってみるとかわいいグッズが所狭しと並んでいます(*^^*)/ 娘はというと「かわいい〜〜♪」を連呼してどんどん奥へ行ってしまいました(*^^; 私もそれに釣られて見てみると、干支や動物、手毬に小舟に乗った七福神など、女の子じゃなくても「かっわいいなぁ〜これ♪」と感じるものばかり・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/12 17:59
枯山水の庭園
枯山水の庭園 京都の旅三日目は、枯山水の銀沙灘(ぎんしゃだん)で有名な“銀閣寺”へ・・・♪ 修学旅行では、具合が悪くてほとんど京都の町を見ていないという娘に、京都らしい所を案内してあげなくてはとの思いから、混雑が嫌いな私でしたがメジャーなスポットも周ることにしました(*^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/09 18:50
京料理・阿吽坊
京料理・阿吽坊 大原工房で娘にシルクのショールをプレゼントしたあとは、放火事件で去年は修復工事をしていた寂光院へ・・・♪ しかし、もう太陽が隠れてしまい光量が足りないので、残念ながら写真撮影を諦めて、夕食の予約をしていた京料理の店“阿吽坊”(あうんぼ)さんへ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/08 18:03
水琴窟(すいきんくつ)♪
水琴窟(すいきんくつ)♪ 三千院を後にして、実光院の奥にある宝泉院へ向かいます。ここは以前にも何度か訪れたことのあるお寺さんでしたが、一緒に行った娘に「水琴窟(すいきんくつ)って知ってるか?」と質問をすると「どんな靴なの?」との返事(*~~; やっぱり若いからそんなこと知る由もないかと思い、「じゃぁ、その窟(くつ)を見に行くか・・・」ということで、宝泉院へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/06 18:40
大原・三千院
大原・三千院 ちょっとトピックスが飛んでしまいましたが、京都の話題に戻ります♪ 思いもかけなかった不断桜を鑑賞したあとは、目的地の三千院へ・・・ 秋に来たことがなかったので、紅葉はどうかなぁとワクワクしながら境内へ入ると、思惑通りモミジが綺麗に紅葉しています(*^^*) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/05 20:55
京都の旅最終章・清水寺
京都の旅最終章・清水寺 今年もあと7時間ほどで終わろうとしていますね。。。(*^^; 京都の旅も今日で最後。仕上げは何と言ってもここ清水寺しかありません♪ 清らかな水が湧き出していたことから命名された清水寺へは石塀小路からねねの小径を通って一年坂、二寧(ねん)坂、そして三年坂を通っていく通りが古都の風情を感じさせてくれるので、私のお気に入りの一つになっています♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/31 17:38
波ぎ茶寮と高台寺
波ぎ茶寮と高台寺 錦市場を後にして、歩いて祇園から八坂神社を抜け高台寺へ・・・♪ 12時を過ぎていたのでそろそろお腹が空いてきたなぁと思い、食事処を探していたら一年坂手前に“波ぎ茶寮 ”(075-531-4551)というお店(写真上)があったので入ってみることに・・・ 早速茶そば弁当(¥1450)なるものを注文。この界隈はランチでも一人¥2500〜¥5000程のお店ばかりなので、こんな安い料金だったらたいしたものは出ないだろうなぁって思っていたら、海老の天麩羅付きの茶そばと、味がよくしみ込んだ和え物に香の物... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/12/29 12:37
青蓮院・襖絵・・・
青蓮院・襖絵・・・ 引き続き同院の伽藍にある襖絵をご覧下さい♪ すし詰め状態でゆっくり進んでいた廊下を歩いているとちょっと洒落た襖絵が目に入ってきたので写真をパチリ♪ 誰も見向きもしてなかった襖絵でしたが、撮影を始めたらみなカメラを持って来て我も、我もと・・・ あっという間に20人以上来てしまい、思うようなアングルで撮影できなくなってしまいました(*^^; 鞍馬寺の鹿の時もそうでしたが、群集心理ってコワイですね〜(^_^) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/25 08:49
青蓮院ライトアップ
青蓮院ライトアップ 貴船を後にして、ライトアップが6時半開場の青蓮院へ・・・ 宿泊先のペンションから歩いて5分ほどの所だったので、一旦ペンションに戻り寒さ対策の身支度を整えて再度出陣♪ 裏道を通って行ったら道を間違えて南禅寺に着いてしまい、すぐに戻って場所の確認をしてクランクになっている細い道を抜けると目的地の青蓮院が見えてきました。。。が・・・すでに道は受付待ちの観光客で長蛇の列(*^^; 京都駅の観光案内所にここのポスターがベタベタ貼ってあったので、まぁ予想はしていたことなんだけど、貴船の静寂さとこの喧騒... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/24 10:41
鞍馬山
鞍馬山 引き続き山を登ること約25分。牛若丸(幼少の義経)が兵法を学び、武芸を磨いたと伝えられているこの鞍馬山は、10月に行われる火祭りでも有名ですが、“木の根道”がある所としても知られています(写真上) 岩盤が地表近くにある為、樹木が根を地中に這わすことができないので“根っこの道”になったと云われているようですが、ちょっと歩きにくいですねぇ・・・でも昔は山の参道が整備されていなかったのでもっと長い木の根道だったようです(*^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/20 10:03
嵯峨嵐山の渡月橋
嵯峨嵐山の渡月橋 京都の旅二日目は、紅葉が見頃なのではないかなぁと感じていた嵯峨嵐山へ・・・♪ 去年の夏にトロッコ列車に乗った時は、川岸にいっぱいあったモミジの樹が強く印象に残っていて、秋の紅葉はさぞかしキレイなところなんだろうなぁって思っていたのですが、生憎トロッコ列車で行く保津川下りは予約で満席(*^^; なので仕方なく天龍寺を散策したあとに渡月橋へ。。。♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/17 18:56
丹波屋の通天もみじうどん♪
丹波屋の通天もみじうどん♪ 雪舟の庭園を鑑賞したあとは、地下鉄の東福寺駅手前にある同寺御用達の“丹波屋”さんへ・・・・ 創業は明治42年の老舗で、一度は“通天もみじうどん”を食べてみたかったので、早速この機会にお昼のランチタイム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/03 07:54
花見小路の舞妓さん
花見小路の舞妓さん 四条にあるホテルに荷物を置いてから、錦市場や先斗町(ぽんとちょう)をぶらぶらと歩きながら京都の夜を楽しんで、食事の予約をしていた祇園へ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/02 21:27

トップへ | みんなの「京都」ブログ

ステンドグラス屋さんのブログ♪  京都のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる