アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「民族」のブログ記事

みんなの「民族」ブログ

タイトル 日 時
遠野市・柳田国男隠居所
遠野市・柳田国男隠居所 一度は行ってみたいと思っていた遠野。 現在は町ではなく市になっていましたが、昔の風情は保たれていて精神的に落ち着く町でした。 で、今日ご紹介するのは日本を代表する民族学者「柳田国男」の隠居所です。 晩年を過ごした世田谷の旧居を世田谷区に寄贈したものの、それを遠野物語の地に移設したものが上の画像です。 佐々木喜善との出会いから著した「遠野物語」誕生の地には相応しい建物だと思います。 遠野駅からほど近い「とおの昔話村」の中にあり、南には綺麗な遊歩道が整備され、水車もある環境の良い所にありました。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/10 19:01
アマゾン民族館とCASE(カズ)
アマゾン民族館とCASE(カズ) さて今日は夏の旅に戻します♪ 鶴岡市内を走っていたら「↑アマゾン民族館」という標識が出てきました♪ 私ってこういった民族系の所って大好きなんですよねぇ・・・ なので早速行ってみることに 駐車場に車を停め入り口へ向かうと、館内が暗くなっていて「ん? もしかしてお休み??」 月曜日だったかどうか覚えていませんが、生憎の定休日だったようでガックシって感じ まぁ、お休みじゃぁしょうがないかと周りを見渡してみると、駐車場の隅っこに何やら民族系の建物がありました♪ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/26 19:40
サミ族とイヌイットの民族衣装
サミ族とイヌイットの民族衣装 さて今日は北海道紀行に戻します♪ 網走の北方民族博物館は本当に価値のある博物館で、写真をタップリ撮って来てしまったワタクシです。 なので、引き続きそのトピックをお伝えいたします。 本州に住んでいると俗化した話題ばかりになりがちですが、地方へ行けばそんなこともなく一人の人間としての再発見があったり、異なる文化に触れることもできるし、温かい人情も味わえるし「旅」って本当にいいもんです いろんなお勉強もできたし、これからもそうした「旅」は続けていきたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/11/28 19:17
ナーナイ民族の花嫁衣装
ナーナイ民族の花嫁衣装 本当は昨日この記事を書く予定だったんですけど、書くことができませんでした、ごめんなさい 北方民族ってたくさん存在していますが「ナーナイ族」って初めて聞く名前と言う方も多いかもしれませんね。かく言う私もその内の一人です。 このナーナイ族の刺繍って本当に素晴らしいもので、博物館を一通り回ってきたんですが、またあれをもう一度見たいと感じて、再度回って写真撮影をしてきました。 ロシア極東部から中国満州付近のアムール川流域に住んでいるようですが、結構謎の多い少数民族(エスニック)のようでした♪ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/11/25 18:26
シロフクロウとクマタカ
シロフクロウとクマタカ 旅も九日目。 で、当然のように朝から霧雨・・・ もう愚痴っても仕方がないほどの梅雨空です 朝はゆん太のお散歩をしに羅臼漁港へ行くと、知床方面へのクルージングツアーなんでしょうかね、観光船のようにみえる船が港に浮かんでいました。 歩いて知床半島を散策するのなら行きたいけど、洋上から眺めているだけじゃぁ刺激も少ないし面白くありません。 なので、早々に漁港を後にして宿泊先のビジネスホテルへ戻り、洗濯物を取り込んで主夫業を済ませ、次の目的地ウトロへ向かいます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/09 18:26
阿寒湖のアイヌコタン
阿寒湖のアイヌコタン 北方民族を知る上でアイヌコタンはどうしても来たかった私♪ そのコタン(部落)で最も大きいのがここ阿寒湖のアイヌコタンです。 阿寒湖の散策を手短に済ませてからはそのコタンへ行くと、入り口にはそのアイヌ民族の象徴的存在の一つ、「コタンコロカムイ」が大空に羽ばたいていました。 「あぁ、やっと念願だったアイヌコタンへ来たんだなぁ・・・」とワクワクしてきます 私ってこういった民族的なものが大好きなんですよねぇ・・・ 文化や知恵を感じるし、刺激的でとってもいいなぁって思います♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 19:17
アツシ織りとカパラミプ
アツシ織りとカパラミプ 萱野茂アイヌ文化資料館を足早に見ざるを得なかった私でしたが、ゆん太}をなだめて奥にあったポロチセ(下の画像)と呼ばれるアイヌ民族の家屋に行くと、「アツシ織り」と書かれた看板がありました。 で、早速中へ入ると刺繍をしている人がいたので「こんにちは〜、ちょっと見せてもらっていいですか?」と言うと「えぇ、どうぞご覧下さい」と優しい言葉をかけてくれました。 すると「お客さん、どこから来たの? 洒落たベスト着てるね、どこのもの?」 「埼玉からです。 ベストはベトナムのミャオ族(モン族ともいいます)の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/08/22 19:17
鹿角テーブルと椅子
鹿角テーブルと椅子 アイヌ伝統の工芸品や生活用具を見ていると、アイヌ語で書かれているせいもあって、何だか刺激的でとても楽しいですねぇ・・・♪ 異国情緒といってもよい文化を感じて一つ一つ丁寧に観ていたら、ゆん太の「ギャオ〜〜ン攻撃」が始まってしまい、生憎ゆっくりと観賞できなくなってしまい、足早に見ざるを得ませんでした(*~~; 「まったく、もぉ〜〜!」とは思いますが、まだ生後4ヶ月の赤ちゃんだから致し方のないところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/21 18:55
チョウザメと魚皮の洋服
チョウザメと魚皮の洋服 可愛らしい建物だったコロポックルを見たあとは、萱野茂アイヌ文化資料館へ・・・♪ ここは、民家風の建物でコギレイな美術館とは程遠く、どちらかといえば親近感を感じさせてくれる建物。 中へ入るとアイヌ民族の使用した狩猟用具や衣装などが所狭しで陳列されていて、一つ一つを味わうというよりも圧縮陳列という表現がピッタリかも。 昔の人達の知恵を感じるものって私は大好きなんですよねぇ・・・ 展示方法がイマイチかなと感じるのは自分が工芸家だからなんでしょうけど、でもアイヌのたくさんの作品を観てもらいたいという... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/20 19:58
コロポックルの家とチセ
コロポックルの家とチセ 木彫り師の高野さんのアトリエ兼ショップをあとにして、奥へ進むと“萱野茂・二風谷アイヌ文化資料館”がありました。 今回の旅は北海道の美しい景色を見る事と、北方民族の文化を調べるのが最大の目的で、いわゆる観光をするための旅行ではありません。 なので、早速車を駐車場に停めて見学をしてきました♪ ここは、手前に文化資料館があって、奥に当時のアイヌの人々が暮らしていた「チセ」と呼ばれる茅葺の家が再現されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/19 19:04
日高・二風谷のアイヌ木彫り
日高・二風谷のアイヌ木彫り 旅初日は気分のよろしくない出来事もありましたが、フェリーで一泊したこともあって翌朝は気分も上々♪ ですが、お天気は曇っていて今ひとつって感じ。 二日目の午前10時ころにようやく北海道の大地に降り立つことができて、「あぁ〜、遠かったけどやっと北海道に来られたなぁ〜」と実感。 で、早速ゆん太君をお散歩させていざ美瑛へ・・・のはずでしたが、この私が目的地まで直行するなんてありえない話。 途中アイヌコタンらしき二風谷(にぶたに)で工芸品を制作販売している工房を発見。 もちろん、見てきましたよ〜。 私... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/18 19:51
バラフォン
バラフォン 今日から全国的に“梅雨入り” なんだかどこにも行く気がしないイヤ〜な季節になってしまいました・・・ ここのところ展示会やオーダーメイドの作品作りなどで、一ヶ月ほどお休みも取れない状態が続いており、ちょっと気分転換に旅でもしたい気分なのに、生憎のお天気でちょっと気勢をそがれてしまっています(*^^; 北陸の能登半島とか金沢なんかいいかもなんて思って、ヤフーで天気予報をみたら、どこもかしこもみんな雨マークばっかしで、小笠原辺りまで行かないと無理みたい(*^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 19:37

トップへ | みんなの「民族」ブログ

ステンドグラス屋さんのブログ♪  民族のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる