ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS カブトエビと白鷺(しらさぎ)

<<   作成日時 : 2013/06/20 19:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


森林浴をするために群馬県の赤城山へ行く途中、ゆん太のお散歩タイムに、熊谷バイパス沿いにある吹上の田んぼ道での出来事です。 畦道を歩いていると水田に小さな生き物が動いていました。 何かな?と思いじっと見ていると「カブトガニ」のような形をした、小さな生物がたくさん泳いでいます。 こんなところにカブトガニがいるのかぁ・・・ と、当初は思いましたが、調べてみるとどうやら「カブトエビ」という種類の生き物のようでした。

生きた化石と呼ばれるカブトガニと近縁の生物のようで、その生きている化石の特徴としてノープリウス眼があり、大きな目が二つ付いているように見えますが、真ん中に小さな目があり「三つ目」なのが特徴のようです。 これは、ノープリウス眼が成体にも残っているものであり、原始的特徴と見なされているんだそうですねぇ・・・ 

画像


水田には獲物を食べようとして多数の白鷺がいました。 カブトエビを食べているのでしょうかねぇ・・・ ですが、動きが結構早くて写真撮影するのも一苦労。 サギは10mほど近づくと逃げてしまうし、超望遠レンズでなんとか撮影できましたけど、動きのある生物の撮影の難しさを再認識。 

因みにカブトエビは水田の雑草を食べるほか、水田で餌の捕食あるいは産卵のため、水底の泥をかき混ぜる事で水を濁らせ、その結果として濁りによって光が遮られるので、雑草の発芽と生長が抑制される効果があるんだそうですねぇ。 なので「水田の草取り虫」とも言われているんだとか・・・ まぁ有益な益虫(えきちゅう)ということなんでしょうかね、きっと。

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カブトエビと白鷺(しらさぎ) ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる