ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS カラスノエンドウ

<<   作成日時 : 2013/04/07 18:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


娘とゆん太の散歩に行っていた時のこと。 「この花は何ていうの?」「あぁ、これかぁ・・・ マメ科の植物だと思うけど名前は判らないなぁ・・・」 で、早速工房に戻ってから宿題をすると「カラスノエンドウ」という名前の植物だと解りました。 何故こういう名前になったのか? サヤエンドウのような実がなってから、徐々に色が黒くなってくるので「カラス色のえんどう豆」ということが語源のようですね・・・

黒くなってからは実を捻りながら音を立ててはじき、子孫繁栄のため遠くへ飛ばすようです。 植物も動物と同じように種が絶えないように努力しているんですねぇ・・・ ですが、スーパーで売っているキュウリやトマトなどの野菜は、すべてF1(エフワン)か遺伝子組み換えのものであり、 単純な言い方をすると「一代で種族が消えてしまうようなもの」なんですよね。 だからその種を庭に撒いても翌年に同じ性質の実がなることはありません。 平たく言えば、栄養価の低い野菜が出来てしまうわけで、その結果食の細い老人は栄養失調になっているだなんて、皮肉なもんですよねぇ・・・ 魚でもイワナとヤマメの掛け合わせで「イワメ」といったF1 などもおりますが、生殖活動をしないので、やはりこれも一代で終わってしまいます。

画像


先日の授業中に野菜のF1の話をして、現在の日本人男性に生殖活動があまりない「F1 のような草食系人間」が出てきたのは、食べている野菜が皆F1 だからかも・・・」なんてお話をしたら、ビックリしていた生徒さんもおりました。 種苗屋さんは一代で駄目になるものを売らないと、翌年は生活が出来なくなる訳だけど、個人的にはF1 は止めてもらいたいなぁって・・・

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カラスノエンドウ ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる