ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS えんむちゃんと助六寿司

<<   作成日時 : 2013/04/16 18:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


聖天山の境内を散策していると、ゆるキャラらしい縫いぐるみが歩いていました。 近づいて見ると「えんむちゃん」と書かれています。 そうか、ここは縁結びの神社だから「えんむすびちゃん」ということなんでしょうね、きっと。 顔と頬がハート型。 頭は聖天様が好んだと云われる「二叉大根」 この日はありませんでしたが、普段は錫杖(しゃくじょう)を持っていて、その頭部には6個の遊環(ゆうかん)が通してあり、それを振るとシャカシャカと音が出るんだそうです。 以前は彦根城のマスコット「ひこにゃん」騒動がありましたよね。 が、最近は全国どこでも「ゆるキャラ」ばかりですね・・・

こういったキャラクターには必ず著作権が存在します。 もちろんオリジナルだけの話。 昔、独立したころに提出したデザインがありました。 注文欲しさに無料で描いたものです。 ですが製作料が高かったんでしょうか、 そのデザインを持った中国人がガラス問屋さんにいて、一生懸命その色合いのガラスを仕入れていました。 すごいショックで何も言えなかった私。 スタッフにあの人誰なんですか?と尋ねると「中国人みたいですよ・・・」 今だったら絶対に許せない行為です。 それ以来デザインの提出はしますが、見せるだけにしています。

画像


↑の画像はその境内で売られていた妻沼名物の「助六寿司」 この助六とは、歌舞伎の十八番の一つ「助六縁の江戸桜」の主人公の名前「助六」からとったもののようですね。 吉原の花魁(おいらん)で「揚巻」という愛人の名前に見立てて、揚げは油揚げ。 巻きは巻物。 という解釈でこの名物料理ができたようです。 それ以来稲荷寿司に巻物が入ったものを「助六寿司」と呼ぶようになったんだとか・・・

稲荷寿司は甘くて美味しかったけど、巻物はゆん太君に差し上げてしまったので分かりません。 でもボリュームがあって¥430っていうのはとても良心的ですねぇ。 私が買って2分後くらいには店が閉まり、「完売終了」の看板が・・・ ラッキーでしたねぇ♪

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
えんむちゃんと助六寿司 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる