ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 大雪の長元坊(チョウゲンボウ)

<<   作成日時 : 2011/12/17 19:54   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

さて今日は教室の開講日でした。 生徒さんの作品がようやく完成しましたのでそれをご紹介したいと思います♪ 作品は上尾市からみえてくれているTHさんのもので、モティーフはハヤブサの一種であるチョウゲンボウ。 鳥の図鑑から写真を持ってきて、これをこのガラスを使って作りたいんですけど・・・ という要望に沿って制作したオリジナルデザインです。 三年ほど前だったか、名古屋のガラス問屋さんへツアーで行ったときに購入したランバーツのストリーキーフラッシュを羽に用い、それらしく表現した作品です

ボディーの黒い斑点は、スペクトラムのブラックを4時間もかけてハンマリングし、フリットではなく粉末状にしてそれを竹べらで斑点を作り、一度電気炉で焼成したものの、一体感が出なかったので再度「メルトダウンさせたほうがいいかもしれませんね・・・」 「あぁ、そうですか、じゃぁ、もう一度焼き直しですね」 で、二度焼きをして表現してみましたが、とってもいい感じに仕上がってくれました〜

画像


デザインは当初構図がなかなかまとまらなくて、描いては消し描いては消しの連続で、大雪の山並みの写真にあわせて、季節感を初夏として雪渓を取り入れ、草原と大地、そして長元坊のいる手前の雪山との距離感を表現してみましたが如何でしょうか・・・ 

このTHさん、いつも「こういう作品を作りたい・・・」と具体的な話をしてくれるので、こちらもある程度対応しやすいんですけど、自称ゴッドハンドとしては、たとえどんな要望を出されてもすべて応じているので、私的には大変な時もあります が、それは自分を育ててくれているわけなので、「自分磨きの旅」と思えば「苦」も「楽」に変化していくようです・・・♪

画像


この作品は実に素晴らしいですねぇ・・・♪ 作者本人の努力の結晶だと思います。 建具は三郷のスーパービバにある画材屋さんの「ビシーズ」で竿だけ購入。 45度のカット(通称トメ)の組み立ては教室内で制作。 脚は杉の丸太を半分にカットして皮むきをして溝を鑿(ノミ)で掘りあげたものです。 アートっていうのは感動を与えられるものが「アート」が持論の私ですが、これは趣味の領域を超えた優秀作だと思います。 完成おめでとうございます〜

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、その他の生徒さんが作られたステンドグラスを見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
THさん、完成おめでとうございます!

名古屋の問屋さんで羽用のガラスをみつけた時
本当に嬉しそうでしたね。
その想いを見事な作品に仕上げられ感動です♪
本当におめでとうございます。
YT
2011/12/18 16:49
T H さん「大雪の長元坊」の完成
おめでとうございます
作品から迫力を感じます
季節の表現も素晴らしい!
全て、手作りの作品に感動しました
重ねて、おめでとうございます。


ビキママ
2011/12/18 18:25
<YTさん

羽の部分は、ガラスの問屋さんで見つけたお気に入りのガラスでしたね。 ようやく形になって私も嬉しいです♪ 

<ビキママさん

猛禽類だけあって実物は結構迫力があります。 これカッコイイ作品ですよねぇ・・・ 最後まで気持ちを切らさずに打ち込んだ結果が、感動を与えてくれる作品になったようです(*^^*)/
nancy
2011/12/19 18:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
大雪の長元坊(チョウゲンボウ) ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる