ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 白老町・荒井工芸館

<<   作成日時 : 2011/09/27 19:00   >>

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

さて今日は工芸のお話でもすることにいたします♪ 去年白老グランドホテルが温泉が無料になる雑誌「ほっ」に掲載されていました。 で、温泉に入浴しポロトコタンに寄ってから白老町を走っていたら、○○工芸館なる看板を発見! こういうものに目がない私はすぐにUターンして見学してまいりました〜♪ 去年は「見てるだけ〜」だったんですけど、今年も偶然というか必然なのか街中を走っていると、なにやらお祭りをしているようでした。 で、警察官が左に曲がれと指示していたのでそれに従って左に曲がると、なんと去年立ち寄ったあの「荒井工芸館」の看板が・・・

なんか運命的な出会いでしたねぇ・・・ 場所を覚えていなくて何処だったかなぁなんて思いながら探してたら、強力な磁石にでも吸い寄せられたような出来事で、これは寄らなくてはいけないと感じた私です。 ここの奥様なんでしょうかね、結構お話が好きな方のようでいろんなことをお話してくれます。 なので聞き上手にはとてもうれしい人かもしれません。 最近は阿寒のコタンといっても中国製の木工製品が多く、なんだかなぁって思います。 売ることは大事なのかもしれませんが、心を売るのが商売だと思うんですけどねぇ・・・ 工芸家ならそうあってほしいよなぁって♪

画像


で、ここのお店は作家の修二さんとそのお弟子さん達の作品を見られます。 修二さんの作品は独創的で思いが伝わる作品が多く、お弟子さん達の作品とは一目でその違いが判ります。 彫りが味わいがあって深みを感じますねぇ・・・ ちょっとお値段も高かったけど一つ「魔除け」として梟をモチーフとした木彫り作品を購入してきました。 ↑の画像がそれです。 小樽に生息している龍の顔を持つ魚「八角」も魔除けとしてはいいんですけど、今回は荒井修二さんの木彫り梟をそれにすることにしました♪

一番上の作品は修二さんが作られたお店の入り口にあった引き戸です。 まぁ立派な作品でこれだけでも一見の価値はありますねぇ・・・ とても素晴らしい作品だと思います♪ 最近はこういった骨のある作家さんが少なくなってきたのか、それとも単純に金儲けの上手な商売人が多くなってきてしまったのか、品定めの出来ない人達は値段で決める人も増えてきたということなんでしょうかねぇ・・・(*^^;

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白老町・荒井工芸館 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる