ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 真狩川河川公園

<<   作成日時 : 2011/09/25 17:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

職業病とでも言ったらよいのか、建築物の窓や天井、壁などにパネルやランプシェードがあれば、すぐそこに目がいってしまう私。 なので見逃してしまうなんてことはありえませんねぇ・・・♪ 真狩(まっかり)村はニセコの隣にある街なんですけど、ここの英雄なんでしょうか、日本レコード大賞を受賞された方がおります。 さて誰でしょうか? 分った人はある程度の北海道通(つう)、もしくは演歌通かもしれませんね。 答えは「細川たかし」さんです・・・ 「北の酒場」とか「矢切の渡し」でしたか、日本中で大ヒットしましたよね。 あの透き通った声は、この真狩川と同じように透き通った水の中で育ったんですねぇ・・・

この河川公園、もちろん真狩川が中央に流れていて、オショロコマ(北海道のイワナ)が棲んでいるようです。 公園の中なので釣りとかはする気にはなりませんけど、澄んだ綺麗な水が流れていました。 そんな中トイレに入ったら吹き抜けにステンドグラスが入っていました。 どなたが制作したものか判りませんが、モチーフはユリなんでしょうか。 具象のモチーフに対して背景に幾何学の直線をいれ、飽きのこない構図になっていました。 

画像


総体的に見るとガラスカッターでは切れない型紙もあり、おそらくバンドソーで切ったものなんでしょうね。 物理的に割れやすい構造のものも数枚ありました。 これ、現場搬入や施工工事ではとても気を使うもので、応力が働きやすいので割れる危険度の高いものです。 本来ならばガラスカッターで切れる範疇の型紙が理想なんですけど、最近はガラスカットの苦手な方、またデザインを重視する人達はバンドソーで切る方が増えてきてしまったようですねぇ・・・

バンドソーはいい面と悪い面を持ち合わせているので、個人的にはガラスカッターで切るのが最も早くて正確に切れるから、それがベストだと思っています 作品は品の良さを感じるもので、構図も落ち着いていて配色もいい感じです。 北海道を周っているとこういった作品に出会うことが多くて、その都度撮影をしてブログで紹介していますが、何気ないところで使っているところが北海道らしくて、美意識の高さも感じます♪

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
良い公園なので、わんこの散歩にぴったりですね。

トイレは入らなかったので、気がつきませんでした。

たしか、駐車場から羊蹄山が見えたような・・・
ステンドグラスとキャンピングカー
2011/09/27 12:51
犬連れだと同じような所に行くもんなんでしょうねぇ。

晴れていれば距離は近いので羊蹄山は見られるでしょうねぇ・・・♪
nancy
2011/09/27 19:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
真狩川河川公園 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる