ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 旭川市・優佳良織工芸館

<<   作成日時 : 2011/09/24 17:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

北海道の旅は単純に旅をしているわけではなく、自分の作品に付加価値を与えてくれるものを探す旅でもあり、いろんな伝統工芸品や美術品鑑賞などもしながら周っています。 で、今日は旭川市ならこれでしょうといえる「優佳良織」(ゆうからおり)工芸館とその作品をご紹介したいと思います♪ 世の男性群は知らない人が多いかもしれませんが、女性群ならご存知の方も多いのがこの「ゆうからおり」 デザインは北海道の四季や花などをモチーフとしたものが多く、一つのモチーフで財布やネクタイ、ポーチやテーブルセンター、マフラーなどバリエーションが豊富です

個人的にはクロユリや古代裂が重厚な感じで好きですねぇ・・・ サンゴソウは豪華で華麗な感じの作品ですけど、自分には似合わない色合いかも。 清楚な感じのライラックも好みですね♪ 摩周の秋でしたか色の配色はいい感じです。 そのほかまだたくさんありますけど興味のある方はこちらでご覧下さい

画像


画像一番上はミズバショウのポーチ。構図は可愛らしくて配色も涼しげでいい感じです。 お値段は結構高いんですけど品質の高さを感じる工芸品なので、まぁプレゼントにはいいかもしれません。 ここは優佳良織工芸館なんですが施設は「北海道美術工芸村」にあり、国際染織美術館と雪の美術館の三館で「工芸村」として成り立っていました。 共通券が一番安いんですけど私は国際染織美術館と優佳良織工芸館の二つを見学して参りました

画像


↑の画像はヘアバンドです。 これまだ一度もしたことないんですけどただでさえ怪しまれるのに、これしたらちょっとやばい人?と勘違いされそうなので、TPOを踏まえてしてみるつもりですけど、いつになることやら・・・

優佳良織(ゆうからおり)は、創設者の木内綾さんとその友人でもあった版画家の棟方志功氏が、アイヌ語の伝承(でんしょう)という意味の「ゆうから」からとったもので、文字のない世界だけど口だけで後世に伝えるという伝統工芸としてのネーミングにしたようです。 個人的にはとてもいい名前ではないかと思います。

画像


旭川といえば旭川動物園が名高いけど、ここはとてもいい美術館です。 ただ写真撮影ができないのがちょっと難点といえば難点ですかねぇ・・・(*^^; 工芸品は後世に伝えるのが私達の役目なので、写真は撮っていただいたほうがいいのになぁって・・・♪

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旭川市・優佳良織工芸館 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる