ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 番外札所・鯖大師本坊

<<   作成日時 : 2011/05/15 11:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

我が家の河津桜ですが、7年目にして初めてサクランボの実をつけてくれました♪ 桃栗三年、柿八年とは言いますが、サクランボも同様に実をつけるまでには相当数の月日が必要なんですねぇ・・・ とは言っても日当たりがあまり良くないので、生育がやや遅れ気味のようです。 が、近所にあるサクランボの木はもう熟成していて、丁度食べ頃になっています。 なので、昨日は三人の生徒さんとお昼のランチを兼ねて「さくらんぼ狩り」をしてまいりました〜。 東京の北区からみえてくれたFさん、うちの教室に入られて初めてのサクランボ狩りに喜んでいましたねぇ・・・(*^^*)/

では本題に入ります♪ 四国の札所は八十八ヶ所が正式のものですが、番外札所なるものもあって、ここは四国別格二十霊場四番札所であり、阿波七福神霊場・布袋尊札所でもあるようです。 正式山号は高野山真言宗の「八坂寺」 本尊は弘法大師。 で、何故「鯖大師」なのかというと、馬追いに塩鯖を施すよう言ったにもかかわらず、くれなかったがために、詩をよんだら腹痛をおこして馬が寝込み、困った馬追いが弘法大師に鯖を渡し、くれたことに対する詩をよむと馬がすくっと立ち上がったという伝説話があるようです。 また塩鯖を海に戻したら生き返って泳いでいったなんていう話から、「鯖大師」という名前になったんだとか・・・

上の画像はその鯖大師にある多宝塔?でいいのでしょうか・・・ まぁ日本建築ってフォルム(形)が美しいですよねぇ・・・ 屋根の先がすっと上向きになっているところなんて、本当に見事だし組み方なんて芸術的で、昔の宮大工さん達の芸の細かさは素晴らしいですよねぇ・・・ 今の大工さんなんてハンマーの持ち方や使い方も知らない人もいて、腕の良さは比べ物になりません。 が、最も異なる点は「心構え」なんですよねぇ。 親方や師匠が何を考えているのか? それを知ろうとする努力が最も重要です・・・

画像


死んだものが生き返るなんて、まぁ伝説でしかありえないお話かもしれませんが、「地震大師」様なんてあったら祈願しに行く人も今は多いかもしれませんねぇ・・・きっと。 ちなみに絵馬に開運、子宝成就などの願い事を書いて奉納し、3年間鯖を口にしないことを誓う「鯖断ちの祈願」を行うと、その願いが成就するんだそうです(*^^;


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
番外札所・鯖大師本坊 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる