ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 四万十川と沈下橋

<<   作成日時 : 2011/05/22 18:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

毎朝ゆん太のお散歩コースの見沼たんぼで、「クォ〜クォ〜!」と短く鳴く鳥がいます。 これ雉(きじ)の鳴き声なんですけど、オスが雌を誘っているんでしょうか?一生懸命鳴いています。 卵を抱えているのか草むらに隠れている雌(メス)が、ゆん太の足音に驚いて逃げ回り飛んで行ってしまいます。 雄は婚姻色が大変美しいので、おそらく繁殖期なんでしょうねぇ・・・ ゆったりと歩いているときもあるんですけど、距離が遠い時だけである程度近づくとすぐに逃げて行ってしまいます。 なので望遠レンズはかかせませんねぇ・・・ 収める事ができたらここで紹介しますのでお楽しみに〜♪

では本題に入ります♪ 清流のイメージとして日本を代表する四万十川。 河口では渡川(わたりがわ)と呼ばれているので、四万十川と書いて「わたりがわ」と呼ぶ人も多いようです。 ここは、河口付近が四万十市。 ですが山間(やまあい)は四万十町になっていました。 湯布院と由布院もまぎらわしかったけど、ここも県外の人にとっては判り難い地名と言わざるを得ませんねぇ・・・ 同じ名前で市と町があるなんてちょっと変ですよね。

画像


上の画像は沈下橋。 生活道路なんですけど支流も含めると47箇所もあるんだそうです。 これ地域の人達の知恵の結晶だと思います。 何故なら幾度となく流出したことで「沈下橋」ができたのは明白だと思うし、ナイスアイディア!と感じます。 一度だけ愛車で渡ってみましたがちょっと怖かったですねぇ・・・ でも、地元民が皆わたっているんだから、まぁ問題ないでしょうけど(*^^;

画像


一日で源流から河口まで約200km走ってみましたが、この川で生計を立てている川漁師さんが多いことに気づきます。 鮎にツガニ、アオサノリにウナギ、ゴリと幻の魚「アカメ」など、四万十ならではの魚もいるので四季折々旬の味覚を味わえるのっていいですねぇ・・・♪

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四万十川と沈下橋 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる