ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS アンティークの美学

<<   作成日時 : 2011/01/07 18:53   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


最近はデフレの影響なんでしょうね、価格の安いものに踊らされて購入される人も多くなりました。 ステンドグラスは以前も書きましたが国(厚生省)のカテゴリーは「日用品雑貨」でした(*^^; 今もそうなのかは知りませんがお役人の価値判断っていうのは、何ともお粗末ですよねぇ・・・ 三越の伝統工芸展もそうですが、日用品雑貨では出品することすらできません。 ですが、あの公民館のようなディスプレイなら、出したくないと感じる人も多いのではないでしょうか・・・(*^^:

私がステンドグラスを始めたのは、キチンと作れば1000年以上は楽に保てることと、後世に残るものを作れて美しいものをたくさんの人達に観て頂けるから・・・ が、その理由です。 金儲けや社会的地位なんかは興味の対象外で、ただそれを純粋に正しく評価されるものなら、自分の美学の後継者を育てていきたいと思っております♪

画像


では本題に入ります 昨年納めたパネルなんですが、色の投影を綺麗に望める「アンティークグラス」をメインに制作した作品です 安価なガラスではこれだけの空間演出デザインは望めません。 昔は武蔵野美術大学や東京芸大の学生さんを、アルバイトとして10人以上雇用したことがありました。 インダストリアル(工業)デザインや、テキスタイルなどたくさんの人達が私の仕事のパートナーとして、一生懸命働いてくれました。

刺激をお互いに受けながら、より良い作品作りをするためにたくさん意見を交換してきましたが、その集大成として個展を開催することになりました。 板ガラスはヨーロッパやアメリカの輸入ガラスではなく、自分で作ったオリジナルガラスも含めて作品を作っていく予定です。 

画像


今回の作品はヨーロッパ伝統工芸と言える手作りの「アンティークグラス」を主体に制作しています♪ 私はこの「アンティークグラス」が大好きなんですけど、その最大の理由は空間を華麗に演出してくれる、「色の投影」なんですよねぇ・・・ ティファニーが作ったオパールセントグラスや半透明のキャセドラルグラスでは、この色の投影は望めません。 アンティークだからこそなしえる美しい「空間演出デザイン」です♪

画像は太陽光がストレートに差し込んでいた快晴の今日撮影してきたものです。 画像だけでも感動できると思いますが、「現物はもう最高!!」と誰もが思う素晴らしさです。 点付けではなく「全面半田のバーレス工法」なので、デザインは原画通りで醜い補強のバーも入っておりません♪ 美意識の高さを持ち合わせている方、是非この秀でた工法を多くの方々に学習して欲しいと思っておりますが、如何でしょうか・・・

画像


この作品は世界に誇れる秀作だと感じていますが、私が死なないと評価されないんでしょうねぇ、きっと(*^^;

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンティークの美学 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる