ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 洞爺湖と芸術館

<<   作成日時 : 2010/03/15 17:05   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ふ〜〜っ。 やっと永くて辛い確定申告が終わりました〜〜 いっやぁ事務仕事って大嫌いなんですけど、市役所の職員とか銀行員はすごいというか、なんであんな単調な?と感じる「事務仕事」をできるのでしょうか・・・ 私にはとてもじゃないけど理解できない範疇外のお仕事です。 まぁ、ある意味尊敬できますが私にはとても無理!なお仕事ですねぇ。。。 これで頭の中が展示会モードに突入できそうで、明日からガンガンいかないといけません♪

では本題に入ります♪ ニセコをあとにして次の目的地である洞爺湖を目指します。 これ、二年前の北海道の出来事なので、当時話題になったあの「洞爺湖サミット」と時期が重なっていて、洞爺湖周辺は警察官が多かったですね。 各国の首脳が宿泊する「ウィンザーホテル」でしたか、看板が目に入りましたけどミーハー的要素が強い人達ばかり集まる所かな?何て感じて素通りをしてきました。 まぁ、どちらかと言えば興味の対象外ってことで・・・(*^^;

画像


画像上はその洞爺湖と湖面に浮かぶ白鳥さん♪ 仲良く番(ツガイ)でまったりしてましたね。 遠くから見たのでもしかしたらコブハクチョウかもしれませんけど、画像で見る限りではコブは見えないので白鳥さんでよさそうですね。。 この日は8/12だったので冬にしか飛来していないと思っていましたが、終年にわたっているのかも・・・ 観光客が与える餌も売っていたし、餌付けされている白鳥さんなのかも。

画像中はその湖畔にあった洞爺湖芸術館。 アイヌの彫刻家として名高い砂澤ビッキの展示会を開催していたので、早速見学をしてまいりました♪ ビッキの作品って力強い作品が多いですよねぇ・・・ モチーフもカレイや伊勢海老だったりして、子供心を持ち合わせながら大人になってしまった人って感じ。 個人的には好きなアーチストの一人です。

画像


下の画像は湖畔にひっそりと建っていた浮見堂とその湖畔です。 なんで唐突なと感じて側へ寄ってみると、中には聖徳太子の像がありました。 で、これもなんで聖徳太子なの?と感じて調べてみると、昔旅の僧侶がここを通り洞爺村一の資産家の家に滞在させてもらったお礼にと、僧侶が大事に持っていた聖徳太子像をプレゼントしてもらったものを、商売繁盛の神様として崇めこの浮見堂を建立(こんりゅう)したんだとか・・・ 

また、洞爺湖の「トウヤ」はアイヌ語で「岸」という意味で、地元ではキムント(山の神)と呼ぶようです。 湖は思っていた以上に水が濁っていて水の透明度も低く、なんでここがサミットの会場になったのか? ちょっと不思議でしたねぇ・・・ でもまぁ湖水の汚れはともかく、景観そのものは美しいと感じた洞爺湖でした。

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
洞爺湖と芸術館 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる