ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 炉辺焼き・池田といずみヴィラ

<<   作成日時 : 2010/03/28 10:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

北海道の旅も29日目。 翌日には本州へ渡らないといけない状況でしたが、残り二日間を有意義に過ごそうかなと思い、この日はゆん太君を連れて宿に泊まることにした私。 登別駅でガソリンを補給し店員さんに「この近くで温泉ってありますか?」と尋ねると「この近くにはないですねぇ、登別温泉まで行けば・・・」とのお話。 ですが、今通ってきたところだったので、「近くにはないんですか?」 「この近くにはないですねぇ・・・」なんてお話でしたが、国道を走り始めたらすぐに温泉の標識があったので、ちょっと立ち寄ってきました♪

「いずみヴィラ」と書かれたそれは、入浴料が確か¥400くらいだったように記憶していますが、登別温泉と比べてかなり安くて良心的なお値段。 なので、早速温泉を堪能しこの日の宿泊地探し・・・ で、少し走ると民宿が数軒あり、「犬が一緒なんですけど、宿泊できますか?」 「犬はちょっと・・・ 車の中に入れてもらえればいいですけど」なんてお話ばかりで、二軒ほど断られ三件目も「犬をケージから出さないと約束してくれるなら・・・」といった条件付でやっとOKが出ました。

画像


いつもヒモジイというか貧素なものばかり食べていたので、たまにゃぁ贅沢をなんていっても民泊なんですけど(*^^; まぁ、犬が一緒だといろんな制約があって宿泊先も限定されてしまうのがちょっと困ります。 で、宿も決まったのはいいけど、当日の夕方のお話だったので、「今日の夕食は用意できませんけど・・・」 「あぁ、それはいいですよ、斜向かいの居酒屋さんで食事してきますので」

お店は「炉辺焼き・池田」と書かれた看板があり、地元客相手の商売をしているようでした♪ 「あぁ、ここなら一般観光客はいないだろうな・・・」と、早速お店に入ると親子でやっているフレンドリーな雰囲気。 「今の時期のお勧めって何がありますか?」「そうだねぇ、ツブガイの塩水浸けなんかどう?」 醤油もワサビも付けないで塩水だけでその素材を食べるなんて、江差の漁師さんに教えてもらったアワビを「丸ごとガブリ!」と同じです。 鮮度の良いものは下手に小細工するよりも、素材をそのまま食べるのが本来の味わいということなんでしょうね。 塩水付けは「ウニ」のそれなら食べてましたが、「ツブガイのえんすい」は初めての経験でした。 味は素朴だけど素材の持つ本来の味を聞くにはこれが一番かもしれませんねぇ・・・

画像


画像下はその炉辺焼き・池田のご主人です。 当日はお酒もちょっぴり入っていたんでしょうか、赤い顔をしていましたが人の良い「いい感じの親方さん」でした。 当日はいろんなご当地料理を出していただき、とっても美味しかったです〜。 また是非立ち寄りたいお店ですね♪ 今度は鮭児(けいじ)よりも美味しいという、鮭の王様「大助」(オオスケ)を味わいたいですねぇ・・・♪

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
炉辺焼き・池田といずみヴィラ ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる