ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 登別温泉とまほろば

<<   作成日時 : 2010/03/25 20:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

雨が降っていると気温も下がり、湿度も上がるし気分も上々といったわけにはいきません。 が、こんな悪い天気でも教室の開講日にたくさんの生徒さんが集まってくれました。 いつも思うことだけどこんな性格の悪いというか「我侭」な人間なのに、それを必要としてくれている人達がいるなんて、本当に嬉しく、ありがたく、ただ感謝の気持ちで一杯です。 皆さん、本当にありがとうございます♪ アートは「我侭の結晶」が持論なんですけど、だからといって日常がそれで良いということではありませんが、日々の暮らしの中で「こだわり」は必要です。 まぁ、使い分けが難しいけど、誤解を生まないように生活しなければいけないかも・・・(*^^;

では、本題に入ります♪ 昭和新山をあとにして有珠国道を東に走り、県道の2号線で右折。 山道を30分ほど走ると北海道では最も有名な「登別温泉」に到着〜〜♪ 早速温泉街を散策しようかなと思いきや、何所も有料の駐車場しかありません。 ならば「無料のところを探すしかないか」と思案して探してみたら、ここなら問題なさそうだなという場所を見つけ温泉散歩

ですが、一回の駐車料金が¥1500なんてところもあってちょっとビックリしましたねぇ・・・ なんだか東京のど真ん中にいるような価格設定で、狭い土地にこれだけの大型施設が乱立していれば、需要と供給のバランスから言ってもこうなることは「必然」なのかもしれません・・・

画像


画像上はその登別温泉で見かけた「地獄谷」 湯気がモウモウ上がっていればみな「地獄」に見えるのが日本人ということか・・・ と感じるのはワタクシだけではないでしょうね。 源泉は15箇所ほどあるようで、泉質はそれぞれ重曹泉、食塩泉、硫黄泉、明礬泉、石膏泉、緑礬泉、石膏泉、芒硝泉など多種類あるようです。 地名の語源は「ヌブル・ベツ」で、水の色が濃いといった意味のアイヌ語からのものなんだそうです。

画像中はその温泉街手前で見かけた青鬼さん。 隣には赤鬼さんもいてなんで鬼がいるのか唐突なと思い、調べてみると無病息災や厄払いの意味合いがあるようで、まぁ、温泉のシンボル的な存在ということなんでしょうねぇ、きっと・・・

画像


下の画像は「ホテル・まほろば温泉」 なんでも日本最大級の露天風呂があるんだとか書いてありましたね・・・ 個人的にはひっそりとした佇まいの温泉が好きなので、興味はありましたけど残念ながらパスしてきましたので、感想はありません〜、ごめんなさい(*^^;

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
登別温泉とまほろば ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる