ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和新山とラクーン帽子

<<   作成日時 : 2010/03/24 18:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

さて、今日は久しぶりにトピックを書くことにします♪ DMの名簿作りから宛名書き、資料作りに発送とまぁ目先のお仕事が山積していて、とりあえずポストに投函だけはできました・・・ 自分の作品も作らなくてはいけないけど、日曜日も朝8時に生徒さんから連絡が入り、「これから伺ってもいいでしょうか?」なんて状態なので、自分のことは後回しにせざるを得ない状況です 前回の展示会の時もそうでしたが、前日の深夜までドタバタしていたことを思い出しますねぇ・・・ でも、まぁあと3週間後には開催されるわけだから、もう少し頑張らないといけません。

では、本題に入ります♪ 洞爺湖を眺めビッキの作品を見てから次の目的地「昭和新山」を目指します。 といってもすぐ隣なんですけどね・・・ ここは観光名所なんでしょうね、大型バスやら乗用車などがたくさん駐車場に停まっていて、結構大勢の観光客で賑わっていました。 個人的には「人ゴミ」が嫌いなので「混雑しているところは手短に」がモットーなんですが、途中お土産店であるものが目に飛び込んできて、すぐに気に入ってしまいお店の人に「これいくらか勉強できますか?」 「そうですねぇ・・・ ¥500くらいなら」 で、早速購入したのが下の画像の毛皮の帽子です

画像


価格は確か¥5500だったように記憶していますが、¥500引きなので購入価格は¥5000。 帽子本体はラビットファー(ウサギの毛)で、尻尾はラクーンと呼ばれる「アライグマ」 縞々模様が気に入っての衝動買いになってしまいました。 テールはラクーンなのでちょっと固めなんですけど、しっかりとしているように感じたのでまぁいいかぁって感じ・・・ 絵付けの時に使うバジャーブラシもこのラクーンの仲間である「アナグマ」の毛を使っていますが、画材になると一本4万もする高価な絵筆。 こんな高いならアライグマの毛でも代用できそうだから、機会があれば自分で作ってみたいもんです。 因みにラクーンドッグというのは狸のことで、これでも高価なバジャーブラシができるかもしれませんねぇ・・・

昭和新山は赤茶の煉瓦色をしていて、現在も噴火活動は続いているようですね。 噴火当時の記録は戦争中ということもあって、国や地方自治体がその観察記録をつけていなかったようですが、当時の郵便局長だった三松正夫氏が成長の詳細な観察記録を作製し、後年「ミマツダイヤグラム」と名付けられ貴重な資料となったようです。 また、ここは世界でも珍しい個人所有(三松家)の私有地なんだそうで、1957年には特別天然記念物に指定されたようです。

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和新山とラクーン帽子 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる