ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 花石メノウとカイギュウレプリカ

<<   作成日時 : 2010/02/08 19:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

先ほど私が住む地域の班長さんがみえ、「来年度の役員もしくは班長さんをしていただければ」とのお話。 ようするに持ち回り(順番)ということなんでしょうね・・・ ですが、私は不規則なというか一般人と同じような行動をしているわけでもなく、独り身なのでなにかと野暮用も多いので、「適任ではない」といったお話をしたんですが、「皆さんにやってもらっていることなので・・・」と半ば強制的なお話。 「委任されても班の方に迷惑をかけてしまうことにもなるかもしれませんので・・・」というと「順番からいうと来年なんですけど」との事。 

こういうのって適任と思われる方がするのがベストで、不適切なと思われる人にもやりなさいというのが「持ち回り」制度のデメリットだと思うんですけど、ある意味公平公正なのかもしれませんが、適任ではない人にやってもらうのは「賢明な策」とは言えないと思うんですけどねぇ・・・ PTAの役員なんかもそうですが率先してやりたがる人もいるわけで、支障をきたすかもしれない人に無理強いするのもなんだかなぁって・・・(*^^; まぁ、協調性がないと言われればそれまでなんですけど・・・

画像


では本題に入ります♪ ピリカ湖をあとにして瀬棚方面へ向かいます。 途中国道から離れて裏道を走っていると「今金町地域特産品生産センター」と書かれた看板がありました。 地域特産っていう言葉に弱い私なので、早速車を停め館内を見学してきました。 ここは別名で「花石めのう館」ともいうようで、町特産なんでしょうね「メノウ」を見られる施設でした。 

画像上はその館内で見つけた「メノウ」 これミルフィオリみたく千の花が咲いているように見え、価格も¥10000と抑えたものだったので、「ん〜〜、どうしようかなぁ・・・」なんて考えていたんですけど、まぁ今回は見送ろうかななんてことにしたんですけど、「今この画像を見るとやっぱ買っておくべきでしょ!」なんて感じます。 明日電話してみようかなぁなんて・・・ こういった素材って貴重だしそれとのフュージョンした作品もいいわけで、ガラス以外のマテリアル(素材)や、異なった業種とのコラボレーションも楽しいし、枠に嵌まらないのが「アート」なんだと思います。

因みに「メノウ」は縞状の玉髄の一種で、蛋白石、石英、玉髄が層状に岩石の空洞中に沈殿してできた鉱物の変種で、 平行な縞模様のあるものがいわゆる「オニキス」と呼ばれ、割ったり切る前の形が馬の脳に似ていることから「瑪瑙」もしくは「碼碯」と書くようです。 自然界のものはアンバー(琥珀色)をしたものが多いようですが、多孔質(小さな穴が多い)ので、近年では鮮やかなピンクや紫などの人工的に染色したメノウが売られています。 なので、一見綺麗に見えるものはほとんどが着色したものと考えていいでしょうねぇ・・・

画像


画像下はその館内にあった恐竜のレプリカ模型。 「ピリカカイギュウ」といわれるものなんですが、カイギュウの中では世界で最も大きなものなんだそうで、正式には「ステラカイギュウ」と呼ばれる恐竜のようでした♪

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
花石メノウとカイギュウレプリカ ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる