ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 八角灯籠

<<   作成日時 : 2009/12/16 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「東大寺」は華厳宗の総本山ですが、「盧舎那仏(るしゃなぶつ)」と呼ばれる「大仏さん」がつとに有名ですけど、この大仏様が納められている大仏殿はすごく大きくて、ビルにしたら何階建てになるんでしょうか・・・ ですが兵火で消失する前は今の倍近い間口だったようで、まぁ人間業とは思えないほど大きくて立派な建物だったようですね。 柱材は一つの樹ではなく合わせ材でしたけど、それにしても見事な木造建築ですねぇ・・・♪ 参拝客はみなその大仏殿に直行していますが、その手前に八角形をした鋳銅の灯籠がありました。

モチーフは菩薩が横笛を吹いているものや、銅祓子(どばっし)と呼ばれるシンバルのような打楽器や唐獅子、笙(しょう)という雅楽に使われるハーモニカのような吹き方をするもの、また尺八のような縦笛などが描写されています。 これ、音声菩薩と云われるもののようですね。 誰もこの灯籠を見ている人もいませんでしたが、私がこれを撮影し始めたら後続の観光客もみな撮り始めて、ちょっと撮影しにくい状況になってしまい「なんだかなぁって・・・」

画像


最近は伝統的な工芸品を見るとどうしてもそれを撮影してきたくなってしまい、まぁデジカメでバシバシ撮ってくるんですけど、それがいつの日か形として反映されることを願っています。 が、いつになることやら・・・(*^^;

画像中は東大寺大仏殿の正面入り口から見上げた天井です。 これも宮大工ならではの本当に見事な作品ですねぇ・・・ 私の母親の弟さんが宮大工で、まぁ細かいことに口うるさい人でしたけど、それも「理論を越えた信念」があったからこそなのかもしれませんねぇ・・・

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八角灯籠 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる