ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉の春風萬里荘

<<   作成日時 : 2009/11/06 18:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

例年だと「紅葉」が始まるといてもたってもいられないのに、今年は何故かモミジを観に行く気が起きなかったんですけど、笠間市の芸術の丘公園で開かれていた陶器市を楽しんだあとに、笠間日動美術館分館でもある「春風萬里荘」へ行って来ました♪ ここはグルメな陶芸家として名高い北大路魯山人が住んでいた茅葺屋根の住居を、昭和40年に北鎌倉から移築したものなんだそうで、元は洋画家の浅井閑右衛門氏と小説家の田村泰次郎氏が、笠間日動画廊美術館の前理事長に「笠間にアトリエを作りたい」との要望から始まった「笠間芸術の村」構想の一環。

付近には40箇所のアトリエがあるそうで、いろんなジャンルの作家がいるのでアートが好きな人には魅力的なところではないでしょうか・・・♪ 名前の「春風萬里」(しゅんぷうばんり)は詩人として名高い李白の漢詩からのもので、魯山人(ろさんじん)が好んで使っていた言葉なんだそうです。 意味合いはいろいろ調べてみたものの、ネット上では確認が取れませんでした(*^^; 直訳すれば「心地よい風は遙か彼方まで届く」なんでしょうが、意訳すれば「はるか遠い他郷に住むあなたへ、 私の思いが風にのって伝わりますように」なんて解釈でいいんでしょうかねぇ・・・ 定かな事は解りませんが、唐詩選なら調べがつくようなので図書館に行けば解るかもしれません。

画像


ここは日本庭園が見事で、四季折々楽しめる情緒のあるところ。 春には梅や桜、初夏には花菖蒲に睡蓮、秋にはモミジが楽しめるので、まだ行った事がない方には、是非お勧めした文化の香りがするお勧めスポットです♪ 花木を植え込んだ庭園も見事ですが、裏庭の小砂利を敷き詰めた枯山水の石庭も見事です。 これは明日ご紹介する予定ですのでお楽しみに〜〜

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅葉の春風萬里荘 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる