ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS アールヌーヴォーのランプ

<<   作成日時 : 2009/10/06 18:21   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

ここのところ生徒さんの完成品が続いていて、今日もそのトピックなんですけど、作者は草加市からみえてくれているプロ養成コースのMSさん。 以前他の教室で習っていたそうでスキルアップしたくてウチへ来てくれた方です。 ステンドグラスと一口に言ってもいろんなスタイルがあるようで、何でもそうですがピンからキリまでということなんでしょうねぇ・・・ 同じように見えるものでも本質を理解している方ならば、廉価版(れんかばん)との比較も容易なんでしょうが、まだまだその見分けをキチンと出来る人も少ないようですね・・・(*^^;

では、本題に入ります♪ デザインはワーデンのパターンですが、これプロを目指す人にはとても良い課題なんですよねぇ・・・ 直線の合わせ方や角度の出し方、また分度器の計測法、6分割での合体方法や下面の16番のワイヤーでの補強、アールのハンダなどなど、上げたらキリがないほど課題としては優れたデザインです。 なので「これを作ってください」と、お勧めしたものがようやく完成いたしました〜

使用グラスはアメリカのスペクトラムのオパールセントグラスをメインに、半透明で光の透過損失の少ないウォーターなどで制作したものです。 色合いは女性らしさが全面に出ていて、可愛い作品に仕上がりましたねぇ・・・ 今回は発泡スチロールの6分割モールドを使用したので合体が難しかったようですが、部分的に半田を落として、24面体の角度を微調整して合体したものです・・・♪ 下部に技術的難度の高い♯16の銅線ワイヤーも上手く這わせて、綺麗にしかも丈夫に作り上げましたね。 

画像


モチーフは花と葉なんでしょうね、デザインのスタイルとしてはお馴染みのアールヌーヴォー(フランス語で新しい芸術の意)です。 動植物や人物などを題材にした、曲線美が特徴のデザイン様式です。 ヌーヴォーといえばもう解説なんか要らないかもしれませんが、ちょっとだけ触れてみることにします。 ガレやドーム兄弟で名高いフランスのナンシー(都市名)や、イギリスでのアーツアンドクラフツ運動でのウイリアムモリス、またポスター画で有名なミュシャ、ルネラリック、そしてティファニーなどなど、ヌーヴォーを代表する作家は大変多く、ここにそれらをすべて書くことはできませんが、一世を風靡したデザイン様式ですね。

ウチの工房も名前が「スタジオナンシー」なので、ヌーヴォーと勘違いされる時がたまにありますけど、これ独学のメソッドを世界に普及したいとの願いを込めたネーミングなので、ヌーヴォーのデザイン様式ではありません(*^^;

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、その他の生徒さんが作られたステンドグラスを見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
24面体なのですね。
あわせる時が大変そうですが
綺麗な仕上がりですねー。
色合いもかわいいです。
ヴィーナス
2009/10/07 12:57
>ヴィーナスさん
コメントありがとうございます。
ほんわか灯りがともると愛おしくなってきます♪
次も頑張って作ります(^v^)
mayu
2009/10/07 17:11
<ヴィーナスさん

合体が難しいんですよねぇ・・・ でも、角度調整して上手に仕上げた作品になりました♪

女性らしさが出ていて可愛い色合いのランプになりました
nancy
2009/10/09 20:57
<mayuさん

ウチの教室での初めての作品ですねぇ・・・
合体とかワイヤーとか難題ありましたけど、みなそれなりにクリアしてきましたね♪

これからもいろんな高い壁あると思いますが、引き続き頑張ってくださいね〜
nancy
2009/10/09 21:02
先生ありがとうございます
まだまだ、沢山学ぶこともありますが、確実にですね。
教室のみなさんからも、沢山刺激を受けたり、成程と思う事もたくさんです。皆さんとの名古屋ツアーも楽しい
一時でした
mayuがある
2009/10/14 23:38
mayuさん、こんばんは♪

ステンドグラスも含めたガラス工芸は奥が深いし、その本質を学んでいただければ私も嬉しいです。

一般コースの生徒さん達もプロ顔負けの作品を作っている人もいるし、刺激をたくさん受けてよりいいものを作れるよう努力して欲しいと思っています♪
nancy
2009/10/15 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
アールヌーヴォーのランプ ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる