ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 函館市・恵山(えさん)

<<   作成日時 : 2009/10/18 06:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

天然の朝風呂(水無温泉)で開放感にひたってから、目の前にあった恵山に登ってみることに。 朝は「やませ」なんでしょうか、海が気化して大気が濃い霧のようでしたが、朝の霧は晴れの前兆なので期待してたらやっぱし快晴になってくれました〜♪ 昔の「言い伝え」ってすごいですよねぇ・・・ やっぱし年寄りの言うことは聞かなくてはいけません。

で、駐車場に車を停めてゆん太と歩こうとしたら、「置き引き・盗難注意!」と書かれた大きな看板がありました。 最近は何処へ行ってもこんな看板が目立ちますよねぇ・・・ 嫌な世間になってきてモラルってもんがないんでしょうか。 他人の物を盗んでも平気な顔をしている輩(やから)がいると思うと腹立たしいけど、TVやマスコミなどの悪影響も一因で、俗な番組や雑誌はなくなってほしいと思っています。

では、本題に入ります♪ 恵山への登山は初めてで駐車場から細い登山道を登っていくと、左手に山が見えスギゴケ?や、ハマナス、アジサイなどがお目見えしてくれました 途中大きな動物の糞があって熊なのか蝦夷鹿なのか判別できませんでしたが、「熊だったら嫌だな・・・」と感じつつもゆん太と頂上を目指します。

画像


途中不気味な大きなケルンのような安山岩で出来た溶岩ドーム(画像中)があり、地震がきたら今にも崩れそうな怖い登山道を抜けると、見晴らしの良い場所がありました♪ パワー全開のゆん太がガンガンに引っ張るので、こけちゃいそうでちょっと怖かったけど、なんとか頂上まであと1600mの所まで登って一休み♪ 頬を伝う風が心地よくて暫らくの休憩。。。

ここは標高が618mの低い火山なんですけど、煙がもうもうと上がっていて別名「賽(さい)の河原」と呼ばれているようです。 奥尻島にもここと同じ名前の海岸がありましたけど、皆おどろおどろしい岩場があったりして、「三途の川のほとりにある河原」という意味がなんとなく解るような気がします。 元は「子供が石を積み塔を作ろうとしていると、大鬼がきてこれを壊し、地蔵菩薩が子供を救う」というものなんだそうで、日本の子供版「シジフォスの岩」 因みにシジフォスはギリシャ神話に出てくる人物で、「ゼウスの怒りに触れ死後に地獄で大石を山上に押し上げる刑に処せられた」と伝えられているようです。

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
函館市・恵山(えさん) ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる