ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 蕎麦と鯛飯のみどり亭

<<   作成日時 : 2009/10/12 20:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

勇壮で扇型の山車(だし)が美しかった弘前ねぷたを後にして、旅もようやく六日目。 朝食は駐車場で作って食べていたのでちょっと趣に欠けるものでしたが、早速次の目的地である青森ねぶたを目指します♪ 国道7号線を北上し青森市内に入ると、左手に道の駅「なみおか」が見えてきました。 で、休憩とPCのメールチェックをすることにした私達でしたが、ここはフリースポットになっていなかったので、ネット接続を試みてみたらパスワードが必要になっていて、残念ながらメールチェックはできませんでした(*^^;

で、お店のスタッフに「これから青森のねぶた行くんだけど、どのくらいかかりますか?」「ねぶたは青森のものを見るんですか? 五所川原の立佞武多(たちねぶた)もいいですよ・・・」 「立佞武多って見たことがないけど、青森のねぶたの方がすごいんでしょ?」 「いやぁ、そんなことないっすよ、五所川原の立佞武多は高さが22mもあるすごく大きなねぶたなので、まだ見たことないんでしたらその方がいいと思いますよ」 で、「22mって・・・ 高さが22mもあるの?」 「はい、とても大きなねぶただから、見たことなければ青森よりも五所川原の方がいいかも・・・」

画像


なんてお話だったので、「青森ねぶた」をやめて「五所川原のねぶた」を見学することに・・・♪ 連れのY君に相談したらOKだったので、急遽道順を変更して五所川原市を目指し走ることに。。。 途中お腹も空いてきたことだし「お昼にしようか?」「あ〜、そうですねぇ・・・」 で、美味しそうなお店はないかなと探していたら、庄屋のような大きな旧家があり「お蕎麦」と書かれた看板(みどり亭)が目に飛び込んできました〜

画像


蕎麦は好きなほうだし、美味しげな雰囲気が漂っていたのでここ「みどり亭」に決定〜! 築120年という古い建物でしたが、中に入ると孫文の書や徳川家康の養女で津軽藩二代目信牧の正室嫁入り道具・六曲一双半の金屏風「満天姫」があり、歴史的にも価値のあるものがたくさん展示されていました。 家宝なんでしょうが惜しげもなくそれを無料で展示してくれていることに感謝し、写真を撮らせていただいたものが上の画像です。

画像


↑の画像は先祖伝来の弓矢を用いた間仕切り。 これ、建具屋さんに本物の弓矢を使って特別に作ってもらったそうで、一見破魔矢かなと感じましたが戦に用いた弓矢なんだそうです。 これ、アイデアもいいけど作品としても素晴らしいパーテーションだと思います♪ メニューは蕎麦と瀬戸内料理の鯛飯が売りのようで、この日は国産の特上海老の天麩羅と二八蕎麦(小麦粉が2割入ったもの)を頂いてきましたが、つゆもダシが効いてて美味しいものでした♪ で、下の画像は連れのY君。 「久しぶりのお食事〜」って感じでとても満足したようでした♪ 

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蕎麦と鯛飯のみどり亭 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる