ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶴岡カトリック教会

<<   作成日時 : 2009/09/24 19:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

五島列島の仲地教会のステンドグラスが素晴らしかったので、教会巡りも楽しみの一つになってきた私です。 で、この日は近くに鶴岡カトリック教会がありましたので、早速見学に行ってきました〜♪ どんなステンドグラスが納まっているのか、ワクワクしながら教会見学をすることに・・・ 聖堂の外観は西ヨーロッパ的なスタイルで、建物の形式は木造瓦葺のバジリカ型と呼ばれる「三廊ロマネスク様式」。 1979年(昭和54年)国指定重要文化財に指定されたようで、結婚式などもできるようでした。

画像上はその鶴岡カトリック教会の外観です。 赤いトンガリ屋根に白い壁のイタリアを思わせる建物。 聖堂内は厳粛な雰囲気で顔の色が黒いとても珍しいマリア像がありました。 中へ入るとパイプオルガンによるバロック音楽が流れ、ピアニストと思われる女性がパイプオルガンを演奏しています。 曲が終わったところで「写真を撮りたいんですが・・・」と聞くわたしに「どうぞ〜」とのお返事。

画像


画像


なので、早速撮影してきたのですが、ステンドグラスと思われるものは、近づいてみると裏面が剥離して裏側に反っています。 「ん? 模造品かな?」と感じてよくよく見ると、手描きと思われる絵をガラスに貼り付けたもののようでした。 全体的に色がアンバー(琥珀色)をしていたので、なんか変だなと感じていた私でしたが、絵が退色もしくは変色したものなのかもしれませんねぇ・・・ 本物だとこのようなデザインではかなり金額も張るし、予算的な問題もあったのかもしれませんね。 でも玄関室(下の画像)に納められているものは本物のステンドグラスでしたね♪

画像


ステンドも、もう少し安く抑えることができればもっと普及するんでしょうけど、安易なデザインでは施主や司教さん、また信徒さんが納得できないものになってしまう訳だし、妥協点を探るのも難しい問題なんだと思います。 教会に収めるステンドグラスは、やはり信徒さんが作るのが最も良いものになるんでしょうねぇ、きっと♪

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鶴岡カトリック教会 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる