ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶴岡市・至道博物館

<<   作成日時 : 2009/09/22 20:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

あ〜〜ん、もう〜!! 一時間半かけて書いた文章が消えてしまいました〜 まったくもう、PCってこれだから嫌なんですよねぇ・・・ もう、ホントに・・・ なんてブツブツ言ってもはじまらないので、またもう一回書くことにします。 と言っても同じ文面にはなりませんねぇ。 なのでちょっと省略させていただいてカキコ致します。 「ふ〜、折角書き終えたところだったのになぁ・・・」 「あぁ〜チカレタビ〜」って感じです 仕方がないので気を取り直して再チャレンジ致します(*^^;

新潟の笹川流れは本当に美しい海でしたが、次の目的地である秋田市に翌日には入らなければならなかったので、山形県の鶴岡市を目指します。 途中国道の7号線を由良温泉手前で右折。 暫らく進むと鶴岡市内に入ります♪ 山形県内では有数の桜の名所でもある鶴岡公園近辺には、明治天皇が即位した記念に建てられた「大宝館」や美術工芸品を納めてある「荘内神社・宝物殿」などもあり、見どころがたくさんありました♪

そんな中「至道博物館」が目に飛び込んできたので、早速見学をして参りました ここは、廃藩置県のあとに統合されたのが現在の「山形県」ですが、鶴岡市は当時「西田川藩」だったようで、その時の郡役所が上の画像です。 昔は西洋建築物って珍しいものだったと思いますが、設計と施工は大工棟梁の高橋兼吉さんと石井竹次郎さんとの事。 日本在来工法出身の棟梁(宮大工?)だったわけだから、往時の苦労は並大抵のものではなかったでしょうねぇ・・・

画像


下の画像は「旧渋谷家住宅」 庄内と山形を結ぶ豪雪地帯である田麦俣の多層民家。 寄棟造りの破風窓のある妻の部分を切り取り、養蚕場として十分な採光通風の窓(高ハッポウ)としたので、現在のような美しい輪郭と反りをもった「かぶと造り」という独特な外観が特色のようです。 

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鶴岡市・至道博物館 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる