ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「漁師を弟子にする」などの作品

<<   作成日時 : 2009/07/19 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

さて今日も引き続き仲知(ちゅうち)教会のステンドグラスについてのトピックです。 私は聖書を読んだ事がないので、それの内容について書くことはできませんが、この教会の作品群はすべて物語り形式になっていて、それが見事なまでに表現されているところがすごいと思います。 これは、やはり信徒さんでなければこれだけリアルな表現をするのは困難だろうと予測できるし、真心が伝わってくるところが「素晴らしい作品」と言える部分です。

ステンドグラスの作品って、見る人によっては作る人の心が見えてくるわけですが、一般的には「無機的」な温かみのないものが多いと感じています。 が、この作品群はどれを見ても真心を感じる「有機的」な作品ばかり。 なので「感動」という形のないものが生まれてくるんでしょうねぇ・・・ 生きているのであれば一度作者とお話をしてみたいと思っています。 どなたかご存知の方おりましたら是非教えていただけないでしょうか。。。

画像


画像上は、右の絵付けパネルが「山上の説教」という作品で、壇上のイエス・キリストが悪いことをした?民衆に説法している様子を表現したもの。 諭された民が反省しているのがよく解りますね。 で、左が「漁師を弟子にする」という作品。 これも、日本人の地元漁師の顔が実にリアルに表現されてますよねぇ・・・ 本当にデッサンが上手で、「・・・らしい」顔は、まるで写真のようですね。

画像中は後光を放つイエス・キリストが民衆の一人に何かを与えようとしているのでしょうか。 作品名は明記していなかったので残念ながら判りません。

画像


下の画像は、右が「五千人に食べ物を与える」で、左が「ラザロを生き返らせる」という作品。 絵付けのパネルは一度成形したガラスに再加熱するので、物理的には劣化するし透明度がなくなる「失透現象」もみられ、色の投影も減少してくるので、個人的にはあまり好きではないんですけど、この作品群はそれを補えるくらい見事なまでに表現されていて、絵付けのパネルも作り方次第では「かなり良いもの」なんですねぇ・・・

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜♪
素晴らしい作品を見る事ができ感激
です、
イエスキリストが述べ伝えている様子
なども細かい描写で表わされていて
ただただ「素晴らしい!!」でした

私にはイエスが身に付けている赤色が
一際素敵に映りました
ありがとうございます。
ビキママ
2009/07/19 22:00
この仲知教会のステンドグラス、本当に美しくて感動の連続でしたねぇ・・・♪

絵付けパネルって今までは興味の対象外だったんですけど、これを見てから価値観変わってしまいました〜。
nancy
2009/07/20 18:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
「漁師を弟子にする」などの作品 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる