ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 丸尾焼きの陶器

<<   作成日時 : 2009/06/18 20:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

天草諸島を走っているといろんな所に窯元が存在しています。 有田や伊万里が比較的近いからなんでしょうかねぇ・・・ まぁ、近いと言っても結構な距離があるんですけど。 私が天草に行っていたのは4/30と5/1の二日間だったんですけど、陶器市の看板が立っていたので「どこでやってるんですか?」と尋ねてみたら「一つの場所ではなくて、それぞれの工房で全体的に陶器市を開催しているんです」とのお話でした。 陶器は好きなので行って見たかったけど、一ヶ所ならいいけどそれぞれの工房じゃぁなぁ・・・で、断念した私。

でも一ヶ所くらいは行きたいなと思い、窯元の看板があった「丸尾焼」を訪ねてきました♪ 店内は整然と作品が展示されていてこ洒落た感じのショップ。 丁度ビアカップを割ってしまったので、いいのがあったら買おうかなと思っていたら、私好みのフリーカップ(画像上)があったので早速それを一つ購入してきました。

画像


本当はカップの内側に釉薬を塗っていないものが好きなんですけど、そういったものがなかったのでこれに決定! ビールの泡立ちは釉薬の関係でいまひとつかもしれませんが、デザインと色合いも良く、またセカンドシートのカップホルダーにサイズがピッタシだったのはラッキ〜って感じ♪

この「丸尾焼き」 かなり伝統のある工房のようで現在の当主で5代目。 元は瓶や土管といった実用品を作っていたそうで、後に蛸壺なども作っていた時代もあったようです。 天草は磁器に使う天草陶石の産地でもあり、本草学(薬物の歴史を明らかにする学問)で名高い「平賀源内」による建白書、「陶器工夫書」で輸入に頼るばかりではなく、純国産の磁器を作れば民の利益にも繋がると提言し、磁器が出来た時はそれをを絶賛したようですね。

画像


下の画像はその「丸尾焼」のお店の近くにあった「祇園橋」 祇園という名前は京都かな?と思う人多いと思いますが、天草市の「八坂神社」前にあるのでそう呼ばれるようになったんだとか・・・ ちょっと紛らわしいけどこれ熊本県の「祇園橋」です。 この橋は1832年(天保3年)に建造された多脚式アーチ型石橋で、石で出来た45脚の角柱によって支えられている全国的にもめずらしい橋。 昔は隣接している建物と調和した風情のある名物橋だったようですが、今は現代の建築物と電柱ばかりが目だってしまい、ちょっと惜しい景観になっていました。

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丸尾焼きの陶器 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる