ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊本城

<<   作成日時 : 2009/06/12 20:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

さて今日は九州シリーズに戻します。 阿蘇市から次の目的地である天草諸島へ向かいます♪ 国道57号線(豊後街道)を西へ二時間ほど走ると熊本市内に入ります。 ここは初めて来た町でしたが結構大きな街で、路面電車はガンガン走っているし、車線も多いから都会的なきびきびした走り方をしないと、すぐにクラクションを鳴らされてしまいます(*^^; なので、ちょっとビックリした私 やっぱし県庁所在地だし今の時代だからこのくらいは当然なのかもしれませんね・・・ 時間も夕方だったので素通りしていくつもりでしたが、熊本城の標識があったので急遽予定を変更して、加藤清正公でお馴染みの「熊本城」を散策することに

熊本城といえば堅牢な石垣で名高い日本三名城の一つです♪ ペットはOKだったのでゆん太君と城巡りをしてきたのはいいんですが・・・ あとで、ちょっと事件を起こしてしまったゆん太です  で、早速ゆん太と城内散歩♪ 石垣の積み方は見事ですねぇ・・・ どうしてこれだけ急勾配なのに崩れてこないのか、当時の石工(いしく)の高い技術に感動します。 東京ドーム何個分に相当するんでしょうか、本当に広い敷地のある熊本城。 本丸を目指して石段を歩いていくと、なんだか歩きづらい階段になっています。 これ、敵の侵入を想定してのものなんでしょうかね。 歩幅が一定していない石段で一般観光客向きじゃぁないかも・・・

画像


で、本丸御殿を目指し数奇屋丸を見学していた時のお話。 建物内はもちろんペット禁止なので、その前にあったトイレ看板の支柱に繋いでいたんですけど、「数奇屋丸前のトイレに犬を繋いでいるお客様、大至急犬を繋いでいた場所にお戻り下さい」との城内放送。 当初は他人事と思ってそのまま城内見学していると、また同じ内容の放送があり、「ん? まさか、ゆん太??」 でもあれだけ太い角材に繋いでいたんだからと、そのまま見学していると、またまた「数奇屋丸前のトイレに、白と茶色の犬を繋いでいたお客様、すぐに繋いでいた場所にお戻り下さい・・・」

「えっ! 白と茶色? うっそ・・・まさか、ゆん太?」と感じて城内見学を止めてすぐに戻ると・・・ なんとなんと50mmくらいもある太い角材をバキバキに折ってしまい、脱走していました〜 私の帰りが遅かったのかそれとも一緒に建物内に入りたかったのか、全力で引っ張ったようでなんともまぁ、すごいパワーというか何と言うか・・・(*^^; 「あ〜ん、もう〜〜! これじゃぁ、見学できないじゃんか」とは思いましたが、すぐに城内スタッフに「申し訳ありません、すぐに連れて帰りますので・・・」ってな事になってしまいました

画像


もうダメだなと思い帰路についていたら、太い鉄パイプがあったので「あぁ、これならいくらゆん太でも壊せないだろうな」と感じて、そこへリードを繋いで足早に城内見学をしてきました。 画像下は柱に取り付けてあった加藤清正公の桔梗の家紋。 これ、手ブレなんだとは思いますがこの家紋からオーラが出ているようにも見えます。 ちょっと不気味な画像で恐縮です。 本来は蛇の目が加藤家の家紋なんですが、血縁関係のある秀吉から讃岐の尾藤知定の武具等一切を与えてもらったことから、その尾藤家の家紋である桔梗も使っていたようです。

その下の画像も桔梗と菊が用いられていた襖の引き手金具です。 本当はもうちょっとゆっくり回ってキチンとした写真撮りたかったんですけど、事件もありましたので美しくない画像でごめんなさい。

画像


拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆん太君の脱走に驚き(@o@)
ワンコ連れだとハプニングも
ありますネ

熊本城は、武者返しの石垣が
素晴らしかったと思います。
ビキママ
2009/06/13 11:53
ゆん太パワーありすぎなので、範疇外の出来事も多く、いつも知恵比べしてますがことごとく負けてます(*^^; 今回も熊本城のトイレ看板壊しちゃうし・・・ 勝てませんねぇ。。。

武者返しの石垣ですかぁ。 石垣はどれもみなキチンと組まれていたから、あれを登るのはかなりなスペシャリストじゃないと無理ですよねぇ。 実に的を射たネーミングだと思います。 
nancy
2009/06/14 19:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊本城 ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる