ステンドグラス屋さんのブログ♪ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯布院と由布院?

<<   作成日時 : 2009/05/29 19:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

さて今日は一つの難題でもあるタイトルについて書いてみたいと思います。 狭霧台から車でおよそ10分くらいでしょうか「ゆふいん」の駅舎(画像下)に到着〜〜♪ で、駅の看板には「ゆふいん駅」と書かれたものがありました。 「ん? 何でひらがななの??」とは思いましたが、駅前の商店街には「由布院」と書かれたものが多かったけど、高速のインターチェンジの名前は「湯布院」と書いてあり、「???」とは思いましたけど、ジャマイカ精神で「じゃ、ま、いっか〜〜」で通り過ぎてきましたが、やっぱしなんだかしっくりこなかったので、いろいろ調べてみましたのでご報告なんぞを・・・

 で、早速町を歩いてみると、かなり観光地化されていて一見コジャレタお店も多く、なんだかミニ軽井沢みたいというのが素直な感想です。 お店の商品構成を見ても若いカップルや女性をターゲットにしたものが多く、いわゆる「オジサマ族」には嬉しくないかもしれません。 町を歩いている人も圧倒的に女性が多くて、これ、いわゆる如何わしい?歓楽街がないからなんでしょうね、きっと♪

画像


ここは一度は訪れてみたいと思っていたんですが、町の名前が引っ掛かってしまってどうしてもそれを追求してみたくなってしまった私(*^^; まぁ、性格なのでお許しくださいね♪ 町本来は別府十湯だったわけですが、大正時代に「塚原温泉」と共に、それから外れて別府八湯になったことがそもそもの始まり。 で、最近流行りの市町村合併で湯平町との吸収合併によって、それがさらに加速して「湯布院」なのか「由布院」なのか、地元でも意見が別れてしまった?ようです・・・

現在の由布市には、町名として「湯布院町」がありますが、温泉名は「由布院温泉」で、実際には湯布院温泉は存在していません。 が、何故か旅行代理店や雑誌には「湯布院温泉」ツアーなるものが存在していて、一体なんでこんなにややこしくなってしまったんでしょうか。。。 昔は別府温泉の奥座敷として人気があった由布院温泉。 湯量も全国で第三位なんだとか聞きましたけど、その名前がどちらなのか未だに決定されていないのはおかしな話ですよねぇ・・・

画像


昔町の議会で古い町を沈めて歓楽街とダムを作る計画があったようですが、合併後の初代町長ら反対派でそれを跳ね除け、その後ゴルフ場建設計画も破棄し現在は文化都市として栄えるようになったんだとか。。。 で、私が住む旧浦和市も昔は教育文化都市として残ればいい(当時の市長談話)という話があり、暫定始発の新幹線駅を大宮へ持っていった経緯がありました。 また、全国の県庁所在地で唯一急行列車が停まらないのは旧浦和市だけだったんですけど、結果として大宮駅には歓楽街が出来、浦和にはそういった施設が出来なかったわけだけど、市のトップと住民がしっかりしていれば俗化しないで済むというお話。 ですが、地元に莫大な補償費が入るとなると市議や県議は皆賛成してしまうようですねぇ・・・ これ、本末転倒だと思うんですけど、皆さんはどのように考えていますでしょうか?

この手の話になると長くなってしまうので一旦終わりにして、本題に入ります。 画像上は「ゆふいん」駅前で見かけた辻馬車。 で、画像中は町のはずれにあった「由布院ステンドグラス美術館・聖ロバート教会」です。 私が行った時は丁度観光客なんでしょうね、若い女性が一日体験講座のようなレッスンを受けていて、 教えていた若い女性スタッフから「よろしかったら、ご一緒にどうですか?」と声をかけていただきましたが、ありがたいお言葉でしたけど丁重にお断りして美術館をあとにしたワタクシです(*^^;

で、町の様子なんですけど、金燐湖にはいろんなショップが立ち並んでいて、結構いい感じだったんですが生憎の集中豪雨と雷で早々に退散せざるを得ませんでした。なので由布院町についてもう少し知りたい方はこちらからどうぞ

拡大写真をご覧になりたい方は、写真をクリックして見てください♪ 
また、ステンドグラスの作品を見たいという方は、こちらからどうぞ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
四万十川と沈下橋
毎朝ゆん太のお散歩コースの見沼たんぼで、「クォ〜クォ〜!」と短く鳴く鳥がいます。 これ雉(きじ)の鳴き声なんですけど、オスが雌を誘っているんでしょうか?一生懸命鳴いています。 卵を抱えているのか草むらに隠れている雌(メス)が、ゆん太の足音に驚いて逃げ回り飛んで行ってしまいます。 雄は婚姻色が大変美しいので、おそらく繁殖期なんでしょうねぇ・・・ ゆったりと歩いているときもあるんですけど、距離が遠い時だけである程度近づくとすぐに逃げて行ってしまいます。 なので望遠レンズはかかせませんねぇ・... ...続きを見る
ステンドグラス屋さんのブログ♪ 
2011/05/22 18:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
湯布院と由布院? ステンドグラス屋さんのブログ♪ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる